高校野球・高知大会(2017):ドラフト注目度C

西浦颯大, 溝渕翔, 和田星哉, 市川悠太, 黒岩廉, 浅井大地, 谷合悠斗, 今井涼介

2017年夏の高校野球高知大会の注目選手を紹介します。昨年は明徳義塾の古賀優大捕手がその強肩と強打に注目され、東京ヤクルトにドラフト6位で指名された。今年も明徳義塾に注目選手がいるが全体的に候補選手は少なく、ドラフト注目度はC

地区

昨年夏は明徳義塾が甲子園出場、秋は中村高校が優勝し、明徳義塾が準優勝。2校ともセンバツ出場をしている。今年春は高知が優勝、高知中央が準優勝した。王者明徳義塾が君臨するも夏にどのような状態にもってこれるか。

注目選手

明徳義塾の西浦颯大選手は入学時から注目され続けた。肩、足に加え高校通算20本を超す長打力も見せるが、バッティングはややおとなしい印象。高い能力がある選手だが、本人がプロ入りをどのように考え、プロもどのように評価するか。

その他の注目選手

 

高知中央の和田星哉投手は安定した土台から142キロの切れの良い球を投げる。明徳義塾の2年生・市川悠太投手は183cmのサイドスロー投手、140キロを超す速球を投げ、成長が期待されている。

高知高校の黒岩廉投手は182cmの右腕で、球速は130キロ中盤も将来が楽しみ。梼原高の浅井大地投手も180cmの投手で137キロを記録する。

梼原高の溝渕翔選手は高校通算20本塁打を超す左のスラッガー、明徳義塾は2年生の谷合悠斗選手も強肩強打の持ち主、今井涼介選手など守備力が高い選手が揃う。

2017年度-高校生-高知県のドラフト候補リスト


PAGE TOP