関西学生大学リーグのドラフト候補と展望

大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

本日開幕する関西学生リーグのドラフト候補選手とリーグの展望を見てみます。

ドラフト候補

ドラフト会議で指名されそうな選手としては、立命館大の東克樹投手が挙げられる。170cmと小柄な左腕だが最速は148キロを記録し、多彩な変化球と抜群のコントロールを備える。昨年秋は5勝を挙げている。

また関西大の阪本大樹投手は、170cmの右腕でストレートも140キロ前半から中盤だが、迫力のあるフォームで投げっぷりの良い投球を見せ、昨年秋の明治神宮大会でも好投を見せた。侍ジャパン大学代表の候補合宿にも参加している。

その他の選手

立命館大では3年生に好選手がそろう。辰己涼介選手は大学代表でも一目置かれる存在で、肩の強さ、足の速さ、そして長打力も兼ね備えるスター候補。高校時には注目されながら故障も多かった185cmの右腕・黒田達也投手は、昨年秋に防御率0.94でリーグ1位となり安定感がある。山上大輔選手は150キロを記録、まだ粗削りな投手だが鋭いスライダーも楽しみ。2年生になる福島滉貴投手は152キロを記録する速球派でスピードはまだ伸びているという。

関西大も3年生の山本隆広投手が172cmの右腕だが最速149キロを記録、昨秋5勝を挙げて最優秀投手となった。同志社大も大阪桐蔭出身のエース・福島孝輔投手がいる。昨年秋は1勝どまりだったが、能力は高い。

展望

投高打低のリーグだけに投手力がカギを握る。立命館大はその中でも投打にバランスがよく優勝候補、続いて投手力の高い関西大という事になりそうだ。ただし人気リーグの一つであり、全国区の選手が集まってくる。同志社大、近畿大、関西学院大も新人選手の活躍で一気に上位に入ってくるかもしれない。

2017年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト

2017年度以降-関西学生リーグのドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント