本日開幕する大学リーグのドラフト候補

大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

今日開幕する神奈川、東海地区、近畿学生、京滋、中国地区、九州地区の各リーグのドラフト候補選手をまとめます。

関甲新リーグの記事はこちら 首都リーグの記事はこちら 関西学生リーグの記事はこちら

ドラフト候補

神奈川大学リーグ

横浜商大の投打にプロが注目、渡辺佑樹投手は球速などはそこそこだが、182cmの左腕で多くのプロのスカウトがフォームの良さなどを高く評価する。この春に球速も増してくればドラフト上位にも入ってくるかもしれない。186cm82kgで抜群の俊足と強肩、そして長打力を見せる佐藤広之外野手は高校時代から注目の逸材で、素質の高さからドラフト指名は確実と思う。

隠し玉として関東学院大の山口泰平投手を挙げる。185cmの右腕で最速は146キロを記録、佐賀・龍谷高校出身の選手で今年実績を残せるか。

2017年度-神奈川大学リーグのドラフト候補リスト

東海地区リーグ

中部学院大の平岡敬人投手は152キロの速球を投げる投手で、今年の大学生投手ではトップクラスに入る速球派、しかしまだムラがあり今年春の状態が注目される。

岐阜経済大の濱口雄大投手は最速146キロを投げる素質高い投手、朝日大には越川浩嗣投手、森本大貴投手といった140キロ中盤を投げる投手がそろっている。

2017年度-東海地区大学リーグのドラフト候補リスト

近畿学生リーグ

今年の大学生内野手で最も注目されているのが、奈良学園大の宮本丈選手で、既にプロのスカウトが何度も姿を見せている。昨年の大学野球選手権での満塁弾にショートとしての守備、50m5.9秒の足があり、181cmという見栄えのする所も評価されるポイント。

2017年度-近畿学生リーグのドラフト候補リスト

京滋大学リーグ

京都学園大の平岡航投手は146キロを投げる左腕で昨年は2勝0敗、防御率1.26でリーグ4位となっている。花園大の3年生・大江克哉投手は148キロを記録しており、来年のドラフト候補として注目。

2017年度-京滋大学リーグのドラフト候補リスト

中国地区リーグ

岡山商科大の近藤弘樹投手は187cm90kgの体から151キロを投げ、スケールの大きな投手としてプロも注目している。まだ合宿候補に残れなかったりと課題もありそうだが、昨年ドラフト2位で指名された中塚駿太投手や池田隆英投手のような感じで上位での指名の可能性もある。

また環太平洋大の野村颯一郎選手は亜細亜大で1年時にレギュラーで出場していた能力の持ち主。元広島の野村謙二郎氏の子息で、その野村氏の弟・野村昭彦氏がチームの監督を務めており、途中で大学を移った。184cm72kgの大型内野手でサードを守るが、スピード・強打などが注目されている。

2017年度-中国地区大学リーグのドラフト候補リスト

九州地区リーグ

日本文理大のケムナ誠投手は192cm91kgの大型投手で最速151キロを投げる。今年に入りオープン戦では先発で、140キロ中盤に抑えながら投球をしつつ、九産大を6回2安打10奪三振で無失点に抑えるなどしている。非常に期待できる。

2017年度-九州地区大学リーグのドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント