奈良学園大・大畑理暉投手、履正社の同期・寺島、山口に追いつき追い越すか

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

奈良学園の大畑理暉投手は、中学時代に143キロを記録した注目選手だったが、履正社で寺島、山口などの投手陣を見て壁に当たった。

高校時代ベンチ入りは2年秋のみ

大畑理暉投手は中学時、寝屋川中央シニアで最速143キロを投げ注目される存在だった。鳴り物入りで履正社に進み、高校でもその活躍が注目されたが、同じ学年に149キロの速球を投げた左腕の寺島成輝投手(2016年東京ヤクルトドラフト1位)や145キロを記録した左腕の山口裕次郎投手(JR東日本、2016年北海道日本ハム6位指名を辞退)がおり、3年間でベンチ入りできたのは2年生の秋に背番号11を付けて入ったのみで、公式戦の登板も1試合しかできなかった。

しかし、あきらめることなく3年間練習を続けて奈良学園大に進学をすると、1年生の春からリーグ戦に登板し、2年生の春には5勝を記録して最優秀投手賞を受賞、チームのエースとなった。

182cm92kgの恵まれた身体に、キャッチボールでは鉄球やソフトボールを使ってトレーニングをする他、バレーボールなども投球に役立つとしてトレーニングに取り入れている。また、千賀投手やオリックスの山本由伸投手などの映像を見て、自分の投球に取り入れている。高校時代になかなかベンチ入りメンバーになれなかった事から、いろいろと自分で考えて工夫をすることができるようになった。

「自分のような右のオーバースローには、スピードが求められます。150キロを出さないと目立てないと思います。コントロール良く強い球というのが課題です。150キロを目指しながらも、スピードだけが出たらいいのではなく、それをコントロール良く投げることを意識しています。」と話し、ドラフト会議については「選ばれるかなという不安より、選ばれるやろと自信を持って臨めるような実力と結果を残していきたいと思っています」と話す。

寺島投手はドラフト1位で指名されプロ入りをしたものの、プロ3年間でまだ1軍で未勝利、山口投手はドラフト指名を蹴ってJR東日本にすすんだが、ドラフト3年目の昨年は故障などもあり指名は無かった。

大畑投手や山口投手が今年のドラフト会議で指名され、寺島投手と同じ舞台でプロ1勝を競い合うようなことになるか注目される。

履正社高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

とはいえ、決してエリート街道を歩んできたわけではない。「寝屋川中央シニア」に所属した中学時代に最速143キロをマークし、鳴り物入りで名門・履正社(大阪)の門を叩いたが、壁にぶつかった。同学年には寺島成輝(ヤクルト)、山口裕次郎(JR東日本)ら実力派投手がズラリ……。層の厚い投手陣の中で埋没を余儀なくされた。

 2年秋の大阪大会で背番号11を背負って初めてメンバー入りも、それが唯一のベンチ入りとなった。高校3年間を通じて、公式戦登板わずか1試合。最速も中学時代から1キロしか伸ばせなかった。だが、野球をあきらめることはなかった。そして、進学した奈良学園大で頭角を現した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント