センバツでプロのスカウトが見たかった野手

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

中止となったセンバツ大会で、プロのスカウトがピックアップした、視察候補リストが某夕刊紙に掲載されており、今日は野手を紹介します。

プロのスカウトのリスト野手編

選手名学校名特徴紹介
入江大樹仙台育英右右 185/83185cmの大型遊撃手、ハンドリングに定評
山路将太郎鶴岡東右左 173/6650m5秒台の俊足、昨夏甲子園で打撃と守備で高評価
井上朋也花咲徳栄右右 181/85高校通算47本塁打の右の大砲
山村崇嘉東海大相模右左 180/85高校通算44本塁打も、140キロ超す速球で投手挑戦
西川僚祐東海大相模右右 186/92高校通算53本塁打の清原2世
鵜沼魁斗東海大相模右右 175/74昨年U18代表入りの俊足・強打の外野手
中山礼都中京大中京右左 179/79能力とセンス抜群の遊撃手、昨秋は19試合で33打点
佐々木泰県岐阜商右右 180/78通算30発超す長打と俊足・強肩の内野手
内山壮真星稜右右 172/721年夏の甲子園から遊撃手として活躍、打てる捕手
嘉手苅浩太日本航空石川右右 190/105投げても147キロのパワー、投手か野手か
西野力矢大阪桐蔭右右 180/74チャンスに強い通算24本塁打のスラッガー
仲三河優太大阪桐蔭右左 180/90本格的に野手でプレーし強打と強肩の外野手
関本勇輔履正社右右 175/84新チームで打率.453記録、長打力と強肩にプロ注目
小深田大地履正社右左 177/86新チームで打率.557、安田2世
河西陽路天理右左 175/85明治神宮大会で1試合3本塁打、中京・高橋からも一発
来田涼斗明石商右左 178/78ドラフト1位候補、新チーム結成後打率.500、9本塁打
細川凌平智弁和歌山右左 174/75昨夏甲子園で14打数6安打、外野からショートに転向
下志音広島新庄右左 173/70137キロ投げる強肩と50m5.9秒の足
鈴木大照明徳義塾右右 170/68昨秋は2本塁打に5盗塁、遠投110mの強肩も
布施心海明豊右右 171/68昨秋は打率.429、4本塁打で14打点、小柄だが強打者
松永知大創成館2年左左 174/73明豊史上最高の選手と評価、抜群のスイング

上記の一覧を「極秘指名リスト」として某夕刊紙は掲載しているが、2年生の松永選手が入っており、果たして本当なのだろうかと疑問もある。センバツで注目したかった選手という事ならば来年の候補が入っていてもおかしくないが。

またこの新聞は夏の甲子園開催を反対しており、高野連の夏の甲子園をあきらめない姿勢を「思い上がり」と批判している。

2020年のドラフト候補
2020年の主なドラフト候補選手を一覧にまとめます。5月25日、スポーツニッポンのドラフト候補リストを反映 当ページのドラフト候補一覧は、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価サイトをご覧ください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント