埼玉西武、JR東日本・田嶋大樹投手を1位指名

埼玉西武はスカウト会議を開き、JR東日本・田嶋大樹投手をドラフト1位指名する事を明言した。

競合

スカウト会議に渡辺SDは「JR東日本の田嶋くんを1位指名します」と公表した。そして、「今年の西武ライオンズの戦力を鑑み、最重要補強ポイントは先発投手で特に左。」と補強ポイントとして左腕投手の獲得を決め、「左の投手ではポテンシャルの高さは一番だと思います」と今年のドラフト候補でNO.1と評価した田嶋投手を1位指名に決定した。

田嶋大樹投手にはオリックスが、今日のスカウト会議で改めてドラフト1位指名を明言しており、他にもドラフト1位を決めていない横浜DeNA、東北楽天なども1位指名をしてくる可能性があり、抽選は確実とみられる。

大石達也投手などの抽選を引き当てた渡辺SDがまた抽選を当てるか、注目される。

西武渡辺久信SD(52)が25日、JR東日本・田嶋大樹投手(21=佐野日大)をドラフト1位で指名すると公表した。都内で行われたドラフト会議前日の編成会議後、「JR東日本の田嶋くんを1位指名します」と明言。

 「今年の西武ライオンズの戦力を鑑み、最重要補強ポイントは先発投手で特に左。(田嶋は)左の投手ではポテンシャルの高さは一番だと思います」と高く評価した。


PAGE TOP