千葉ロッテ、社会人投手単独1位指名か、新日鐵住金鹿島・横山雄哉投手等リストアップ

社会人野球ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 昨日スカウト会議を開き、ドラフト1位候補から済美・安楽智大投手を外して7人に絞り込んだ千葉ロッテ、昨年の石川歩投手のように、ドラフト直前に来て社会人投手の1位指名の可能性が高まってきた。

伊東監督がさまざまな発言

 伊東監督は昨年のドラフト会議前には、松井裕樹投手指名のようなアクションをしながらも社会人の石川歩投手を1位指名している。そして今年もいろいろな発言を出している。

 スポーツニッポンでは「内野手に面白い選手もいた。競合も辞さない」、日刊スポーツでは「左投手にもかなり質のいい人たちがリストに挙がっていた」とコメントが載っている。またスポーツ報知では「1位、外れ1位と外すのが怖いなら、特AとAにというのも手。安全策ならAクラスの投手」とワンランク下げて単独指名を狙う可能性も示唆している。

 そしてスポーツニッポンでは智弁学園・岡本和真選手を挙げると、日刊スポーツでは左腕で新日鐵住金鹿島の横山雄哉投手を、スポーツ報知では横山投手と共に、三菱日立パワーシステムズ横浜の野村亮介投手、ヤマハの竹下真吾投手を挙げている。

 

単独1位指名ねらいか

 最終候補7人には特Aランクならば早大・有原航平投手、前橋育英・高橋光成投手が入っているとみられる。他に高校生投手ならば盛岡大付・松本裕樹投手、内野手では岡本和真選手という事になりそうで、左腕では横山雄哉投手、竹下真吾投手、平成国際大の佐野泰雄投手なども候補か。右腕でも野村亮介投手が入っているとみられる。

 その中で新日鐵住金鹿島の横山雄哉投手について、松本尚樹編成統括が「身体能力が高く、将来性もある」と評価し1位候補7人の中に入っている模様で、単独1位指名を狙うならば横山投手という事になりそうだ。

 林球団本部長は「ここからの48時間で他球団も動きがある。最終的にはテーブルに着いた時に決めたい」とドラフト当日の指名直前に決める可能性を示した。

 出席した伊東監督は「映像を見ながら、スカウトから指名候補選手の報告を受けた。内野手に面白い選手もいた。競合も辞さない」と話した。

 有原ら即戦力の投手だけではなく、補強ポイントである強打の内野手の獲得の必要性についても確認。高校生ながら和製大砲として期待される岡本を指名する案が急浮上した。林信平球団本部長は「1位を1人に絞り込めていない」と話し、当日まで他球団の動向を見ながら最終決定する。

ロッテ1位候補に20歳、最速147キロ左腕 日刊スポーツ紙面 2014/10/22

 

社会人投手単独指名か スポーツ報知紙面 2014/10/22

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント