千葉ロッテマリーンズのドラフト指名予想

 

千葉ロッテマリーンズ/ドラフト最新記事

以前のニュースはこちら

補強ポイント分析

チーム構成(年齢・ポジション別):2020年

:ルーキー、:退団、:加入

投手   野手
捕手 内野手 外野手
右打 左打 右打 左打
    19          
古谷拓郎,土居豪人   20       山口航輝 藤原恭大
森遼大朗   21     安田尚憲   和田康士朗
島孝明,種市篤暉   22   茶谷健太      
原嵩 成田翔 23     平沢大河    
東妻勇輔,岩下大輝 小島和哉,中村稔弥 24     香月一也    
鎌田光津希,二木康太 山本大貴,土肥星也 25          
佐々木千隼   26 宗接唯人,田村龍弘 松田進      
渡邉啓太 永野将司 27 柿沼友哉   藤岡裕大   菅野剛士,三家和真
酒居知史   28 江村直也 中村奨吾      
有吉優樹,関谷亮太
東條大樹,西野勇士
  29 吉田裕太 三木亮 大木貴将 岡大海  
石崎剛   30         加藤翔平
益田直也,唐川侑己
阿部和成
  31   井上晴哉 鈴木大地,高濱卓也    
石川歩,南昌輝
大嶺祐太
松永昂大 32   細谷圭,李杜軒   伊志嶺翔大  
田中靖洋   33         角中勝也
涌井秀章   34       清田育宏  
内竜也,大谷智久   35       荻野貴司  
    36          
    37          
    38          
    39          
    40~ 細川亨       福浦和也
    小計          
  合計  

2019年の戦力と将来のチーム予想

投手
  2019年 5年後予想
先発 石川 歩(31) 8勝5敗
種市篤暉(21) 8勝2敗
二木康太(24) 7勝10敗
岩下大輝(23) 5勝3敗
涌井秀章(33) 3勝7敗
小島和哉(23) 3勝5敗
佐々木千隼(25)2勝1敗
石川 歩(36)
種市篤暉(26)
二木康太(29)
岩下大輝(28)
小島和哉(28)
土肥星也(29)
中村稔弥(23)
中継ぎ 松永昂大(31)46試合27HP
酒居知史(27)54試合25HP
唐川侑己(30)40試合19HP
東條大樹(28)58試合17HP
東妻勇輔(23)24試合10HP
酒居知史(32)
東條大樹(33)
成田 翔(27)
佐々木千隼(30)
抑え 益田直也(30)60試合27S 東妻勇輔(28)
2軍
(3年目まで)
土肥星也(24)95.2回
中村稔弥(23)88.1回
成田 翔(22)54.1回
原  嵩(22)54.0回
古谷拓郎(19)50.0回
野手
守備 2019年 5年後予想
捕手 田村龍弘(25)100試合、打率.243 田村龍弘(30)
一塁手 井上晴哉(30)129試合、打率.252、24本 安田尚憲(24)
二塁手 中村奨吾(27)143試合、打率.232、17本 中村奨吾(32)
三塁手 鈴木大地(30)140試合、打率.288、15本 平沢大河(28)
遊撃手 藤岡裕大(26) 81試合、打率.264 藤岡裕大(31)
外野手 荻野貴司(34)125試合、打率.315、10本
清田育宏(33)117試合、打率.253
角中勝也(32)108試合、打率.258
藤原恭大(24)
菅野剛士(31)
山口航輝(24)
2軍・捕手 宗接唯人(25) 91試合、打率.223、7本 【予想打順】
1藤原
2藤岡
3平沢
4安田
5中村
6井上
7菅野
8山口
9田村
2軍・内野手 安田尚憲(19)122試合、打率.258、19本
茶谷健太(21)118試合、打率.271
松田 進(25)100試合、打率.216
香月一也(23) 81試合、打率.259、8本
2軍・外野手 菅野剛士(26)  92試合、打率.300
藤原恭大(19)  82試合、打率.227
山口航輝(19) 114試合、打率.238、6本
和田康士朗(20)103試合、打率.264

補強ポイント

2019年戦力から

【先発●】エース石川はシーズンを通しての活躍はできなかったが、終盤に本来の調子を取り戻した。また種市投手が圧倒的なピッチングを見せ、将来を明るく照らした。二木、岩下、小島といった若い投手陣が台頭し始めている。
【リリーフ●】リリーフでは強い球を投げる東妻投手も加わり、またベテランの唐川投手などもリリーフに転向し、抑えの益田選手までの形ができているといってよい。
【捕手▲】田村選手が正捕手だが、打撃の物足りなさもあり、終盤は柿沼選手と併用状態で安泰ではない。交代する要因も少なく選択肢が限られている。
【内野手●】補強をし続けてきた内野陣は井上、中村、鈴木、レアード、藤岡、大河とある程度のレベルになっている。ただし、鈴木選手の去就が流動的で、藤岡、大河、三木で争うショートも打撃も含めてもう一歩という所。長打を打つ選手がそろうが、アベレージで貢献できる選手も欲しい。
【外野手▲】ベテラン3人が出場し、荻野選手は素晴らしい成績だが、清田、角中選手は物足りない印象。マーティン、菅野などもいるが、外野手ならばもっと打撃で期待したい感じもある。

世代表・将来のチームから

【投手◎】投手は1軍で結果を残す選手を多く出し、育成は充実している。2軍にも若い投手がおり、このペースで育てていければ投手王国となる。そのための可能性のある選手をファームに加えたい。
【捕手×】25歳未満の捕手が全くいない状況で、次の世代の補強は急務と言える。
【内野手×】安田は来年には1軍に上がりそうで、そうなるとファームは数的にピンチとなって、ファームの試合をするために他球団から選手を獲得しなければならなくなってしまう。
【外野手▲】藤原、山口という期待の2人が加わったものの、23歳前後の世代が全くおらず、ファームで育てるべき選手が少ない。

戦力外・引退

 右投手4人、左の内野手2人、右の内野手1人、外野手2人が戦力外・引退となった。特に内野手は、選手の数が少ない中で中堅どころの選手を戦力外としており、ドラフト会議では複数人が指名されるとみられる。

フロント・監督のビジョン

〇監督:内野手出身
 井口監督はメジャー式を掲げ、ポジションを流動的にして競争をさせるようにも見えたが、中村、角中といった所はある程度固定をして起用し、平沢、藤岡などを試したものの、他のチームとそれほど変わらないような感じ。ただ、内外野は選手の層が薄く、競争をさせる状態ではなかったかもしれない。

 球場は外野がやや狭まり、ホームランで試合が動く感じが増えた。そのため、以前は俊足選手が中心だったが、井上などホームランを打てる選手を中心としたチーム作りに変わっていく必要がある。

 益田投手、鈴木選手はFA権を取得しており、球団としては複数年契約を提示して誠意を見せた。しかし、最悪の状況も考えておく必要がある。

 他にはスカウト会議で捕手を2,3人取りたいと発言をしている。

補強ポイントまとめ

  投手 捕手 内野手 外野手
2019年戦力から
将来のチームから
戦力外・引退から    
チーム・監督の方針から

スカウティング情報

視察選手

※数字は優先順予想

守備 1位指名
太字は入札候補
上位指名 視察・リストアップ
右投手 奥川恭伸 星稜
佐々木朗希 大船渡
森下暢仁 明治大
西純矢 創志学園

立野和明 東海理化
太田龍 JR東日本
宮川哲 東芝
伊勢大夢 明治大
前佑囲斗 津田学園
鈴木寛人 霞ヶ浦
堀田賢慎 青森山田
横山陸人 専大松戸
村西良太 近大
浦本千広 九産大
北山比呂 日体大
左投手 及川雅貴 横浜 河野竜生 JFE西日本 宮城大弥 興南
井上温大 前橋商
捕手 東妻純平 智弁和歌山
海野隆司 東海大
郡司裕也 慶応大 佐藤都志也 東洋大
藤田健斗 中京学院中京
山瀬慎之助 星稜
内野手     黒川史陽 智弁和歌山
韮澤雄也 花咲徳栄
紅林弘太郎 駿河総合
ラミレスレンソ 白鴎大
外野手     金子莉久 白鴎大

スカウトコメント

奥川恭伸 松本球団本部長:◎「完成度が高く、松坂やマー君に近い。プラス伸びしろもある。各チーム事情にもよるが、基本はどこも森下を加えた3人に集中するのではないか」
◎「春より全然いい。1人1人、押さえ込もうとしていたのが、打者をしっかり見られるようになっている。精神的な成長を感じる。変化球がキレを増せば、2ケタ勝利はできる。BIG4の中でも佐々木と奥川が飛びぬけている。ビッグ2といっていいんじゃないか。奥川の方が完成度が高いと思うが、2人ともかなりの可能性で上で成功する。ドラフト会議の人気を二分するのでは」
◎「ものが違う。直球の伸び、スライダーのキレが抜群。いい意味で強弱をつける投球ができている。メリハリをつけるセンスがある。ダルビッシュとか活躍している投手の共通点。高校生のレベルではない。普通は夏に飛び抜けるものだが、この時期に、これだけ投げられる。びっくり。プロでも早い時期に出てくる投手。」
永野チーフ:◎「クイック、けん制、間合いなど、ドラフト1位にふさわしい投手としてのベースが上がってきた」
◎「この2試合で投手としてのスキルが格段に上がった。大船渡・佐々木と双璧になった。」
○「これまでで一番の出来。前回とは全然違う」
○「真っすぐはシュート回転が減っていた。フォークがゾーンに決まりだしたら、手が付けられなくなる」
佐々木朗希 井口監督:○「初めて見ましたけど、いい球を投げる。ただし上位に差はない」
松本球団本部長:◎「普通、神宮に来たら乱れる事もあるけど、とにかく制球力がいい。コントロールできている。印象は岩手大会と一緒。まだ伸びしろがある中で、球速、制球、変化球の精度の3つが非常に高いレベルなのは、想像ができないほど楽しみ。」
◎「初めて見ましたが、ものが違う。いままでスカウトとして見た中でトップレベルであることは間違いない。すぐに1軍で放れる可能性がある。高校生で入ってすぐ活躍できる投手はスライダーがいいんですが、彼にはそのスライダーもある。」まだ言えないですけど、間違いなくドラフト1位で指名される投手です。」
永野チーフ:◎「落ちついているし、粘り強さも感じた。好印象です。ストレートのスピード、角度、あと、あまり言われていないがコントロールが素晴らしい。体力的な面は高校生なら誰もが持つ課題なので、クリアすれば日本を代表する選手になると期待している」
○「軽く投げるときでも足は高く上がっていたし、夏の大会の状態をキープしているのだと感じた。準備する力、何をしなければいけないかが分かる選手だと思った」
◎「完成度が高い。力を抜いて抑えても、体幹がぶれない。フォームがしっかりしている。コントロールも変化球の軌道もいい」
◎「フォームも球筋も、体のサイズもいい。普通に投げた感じでしっかりアウトコースにも自然と決まる。ギアを上げるのがうまい。現時点での課題がなかなか見えない。ドラフト1位候補なのは間違いない」
小林スカウト:○「まだまだ余力たっぷりという感じがしました。ボール自体は素晴らしい」
柳沼スカウト:○「連投と思えないぐらい力強いボールで、変化球もよかった。何も言うことはない。昨日5回を投げて、あのボールと切れ。十分に完投能力もある。見るたびによくなっているし、直球の球筋もスライダーのブレーキも良い。途中まで真っすぐの軌道で来るスライダーは、打てないと思います。県大会に向けて準備は整ったんじゃないですか。」
○「スピードがある選手はいるが、変化球もいい選手は少ない。」
森下暢仁 松本球団本部長:◎「試合をつくる力がある。即戦力。」
永野チーフ:○「自分のことを凄く良く分かっている投手。センスもあるし、自分が大学球界を引っ張るんだくらいの気持ちで投げているように見える。」
◎「大学、社会人の中ではダントツ」
下敷領スカウト:◎「体が開かないように修正し、低めに集めてもいた。1位候補の一人」
西純矢 永野チーフスカウト:○「戦う姿勢があるのが特徴。スピードは1年間平均して出ている。素材としてはすばらしい」
黒木スカウト:◎「150キロ超えが10球、いい力み方というか力の入れ方がいい。段階を踏んでよくなっている。力の入れ方とフォームが合っている。野手のエラーを自分から声をかけてフォローができていて、その後の投球につながった。ドラフト1位であることを証明した」
○「1回戦、2回戦、3回戦と徐々に良くなっている。初戦は力任せになっていたが、本来の姿に戻ってきている。」
○「先頭に打たれても動揺しなかったのが、成長した部分だと思います。決めに行った球が高めに浮いたのが今後の課題かなと思いますけど、全体的には良かった。修正能力が高いし心配していません。現時点でも素晴らしい選手だが、まだ伸びる」
 ⑤ 海野隆司 東海大 永野チーフスカウト:◎「大学、社会人でナンバーワン捕手。行った球団によっては、すぐレギュラーになる可能性だってある」
及川雅貴 横浜 松本球団本部長:◎「身体能力の高さを感じた。投球は、これから磨いていけばいい。左では少ないタイプ。球のキレ、スピードの片りんを見られた。結果だけは見ていない。もちろん1位候補。まだまだ伸びしろがある」
柳沼スカウト:○「MAXは135キロだったけど、腕の振りがよくなった。足場も悪い中でよく投げた。緩急も使えてよかったと思います」
東妻純平 智弁和歌山 松本球団本部長:◎「高校生の捕手ではNO1、5季連続出場の経験から、周りを見てゲームを作れている」
  太田龍 JR東日本 永野チーフ:◎「12人に入ってくるでしょう。これが指針になって、フォームが確立されてくれば」
  宮川哲 東芝 永野チーフ:◎「小さな課題はあるけど、大きな課題ではない。チームの戦力にはなるし、上位に入ってくる」
  黒川史陽 智弁和歌山 永野チーフスカウト:○「木のバットの方がいい」
  伊勢大夢 明治大 下敷領スカウト:○「あの投げ方で150キロ超は打ちづらい。どの球団も候補に残すと思います。」
  金子莉久 白鴎大 榎スカウト:◎「足はドラフト候補の中でもトップクラス」
  立野和明 東海理化 永野チーフスカウト:○「投手の上位候補ではある。フォームやスタミナの課題をクリアできれば、ポテンシャルも高いしもっと良くなる。上の世界でも通用する力はある。」
○「どの球でもストライクが取れる精度がある」
小林スカウト:○「社会人1年目から見ています。カットボールやスライダーのコントロールが素晴らしい。
  鈴木寛人 霞ヶ浦 永野チーフスカウト:○「スライダーの切れがあって、低めに丁寧に投げていた。パワータイプで、まだ体が大きくなっていくはずだし、伸びるでしょう」
榎スカウト:○「直球と同じ角度で来るスライダー、フォークは打たれない」
  韮澤雄也 花咲徳栄 榎スカウト:○「広角に打てる打者。確実にレベルアップしていて、力強さも感じる」
  井上温大 前橋商 永野チーフスカウト:○「これほどシルエットがきれいな左投手は見たことがない。ボールが指にかかればもっと球速も出る。体ができれば本当に楽しみな投手。」
  宮城大弥 興南 永野チーフ:○「投げる姿見られてよかった。力強さは変わらずいいですね」
◎「高校生の左腕としては抜けている存在。胸の張りがスピードの秘密でしょう。これからもマークしていきますよ」
  海野隆司 東海大 永野チーフスカウト:◎「大学、社会人でナンバーワン捕手。行った球団によっては、すぐレギュラーになる可能性だってある」
  横山陸人 専大松戸 榎スカウト:○「千葉県大会では144キロも出ていた。一冬越えて力強いボールが来るようになっている」
  河野竜生 JFE西日本 永野チーフ:○「ストライク率が高くてテンポが良い。直球でバッターを押し込めているね。」
  村西良太 近大 永野チーフ:○「横から投げるけど手首が立っているから力がよく伝わる」
  稲毛田渉 仙台大 柳沼スカウト:○「球の力は持っている。また見に行こうと思います」

千葉ロッテスカウト情報

役職 名前 経歴 担当地区  
球団本部長 松本尚樹 市和歌山高 統括  
チーフスカウト 永野吉成 熊本工 全国  
スカウト 柳沼 強 作新学院-神奈川大 東北・関東  
スカウト 福澤洋一 直方学園-九州産業大 関東・九州  
スカウト 榎 康弘 東海大甲府 関東・北海道  
スカウト 黒木純司 延岡学園-三菱自動車水島 中国・四国  
スカウト 下敷領悠太 上宮高-法政大-日本生命 関西・関東  
スカウト 小林 敦 東海大相模-東海大-七十七銀行 東海・北陸  
編成調査 山下徳人 箕島高-東洋大  

千葉ロッテマリーンズのドラフト指名予想

  1位 2位 3位
パターン1 佐々木朗希 東妻純平 郡司裕也
パターン2 海野隆司 太田龍 井上温大
黒川史陽
紅林弘太郎
金子莉久
ラミレスレンソ
パターン3 及川雅貴 郡司裕也 横山陸人

パターン1:理想&徹底型

流れ:1位で佐々木投手を指名し抽選で、2位ではNO.1と評価する東妻選手、3位でも即戦力捕手の郡司捕手を指名する。

狙い:佐々木投手を獲得し右のエースが確立する。石川、種市、二木と合わせてリーグ屈指の右先発陣となる。また、先輩の岩下投手や佐々木千隼投手をリリーフに回すことでリリーフの充実も図れる。2位、3位では捕手2枚を一気に指名するという思い切った予想。共に長打力もあり、これで捕手は数年間考えなくてもよくなる。

課題:左腕投手や内野手・外野手の課題は埋まっておらず、下位指名でうまくできないとまずい。

パターン2:補強ポイント重視型

流れ:1位で佐々木の抽選を外し、捕手を指名する。海野選手は捕手トップと評価している。2位では1位クラスと評価する太田投手が残っていたら指名、3位では補強ポイントの中から、左投手・内野手・外野手のうち、どれかを優先して指名する。

狙い:課題の捕手の獲得ができ、来年の開幕のスタメンマスクを被る可能性がある。打撃もありチーム状況が一変する可能性を持つ。太田選手は潜在能力十分で抑えのエースとなってくる可能性もある。3位では課題が左腕なら井上選手、左の内野手なら黒川選手、右の内野手なら紅林選手、ラミレス選手とスタジアムの変化に合わせて長打力を持つ選手を指名。もしこれからもスピードを重視するなら俊足の金子選手を指名する。

課題:佐々木、奥川、森下などが他球団でエースで活躍する姿を見て悔しい思いをする。

パターン3:地元愛型

流れ:1位で抽選を外し、千葉県出身の左腕・及川投手を指名。また2位でも千葉出身で小6の時にマリーンズジュニアでプレーした郡司選手を指名、そして3位では千葉NO.1右腕の横山投手を指名する。

狙い:単純に千葉の選手を集めただけでなく、バランスも補強ポイントにもあった指名。球団の及川投手への評価は高く、中学時代に千葉で無双のピッチングを覚えているファンも多いと思うので、千葉で復活させて左のエースにする。2位郡司選手は捕手としてクレバーさがあり、また打撃も一発長打がある。高校時は仙台育英で平沢選手のチームメイト、やや伸び悩む大河選手にも刺激となる。3位は専大松戸の横山投手、サイドハンドから140キロ後半の速球を投げ、特徴のある右腕。専大松戸では原投手を獲得しているが、パリーグの他球団では上沢投手、高橋礼投手が先発の柱として活躍しており、地元球団として逃したくない。

課題:内野手、外野手は喫緊の課題となっており、下位指名での指名が重要となる。ただし、ここまで地元愛を見せられれば文句は言えないだろう。

2019年千葉ロッテマリーンズ ドラフト会議指名選手

順位 名前・チーム スカウトコメント 担当スカウト
1位      
2位      
3位      
4位      
5位      
6位      

 

Posted by yuki


PAGE TOP