履正社・安田尚憲選手は2打数2安打、目標は60本塁打

履正社高, 安田尚憲

春季高校野球大阪大会が始まり、センバツ準優勝の履正社が1回戦で今宮高と対戦、7回コールド7-0で勝利した。

目標は60本塁打

注目の安田尚憲選手はこの日は2打数2安打、右中間に弾丸ライナーの2ベースヒットを放つなど安田選手らしいあたりが見られた。

センバツで高校通算50号となるホームランを放ったが、安田選手は「60本は打てたらいいと思う。一戦一戦を大切にしたい」を話した。高校3年生の野球は夏の大会までで終わり。その後にU18や国体などの出場の可能性もあるが、基本的には長くても8月まで。残り4か月の高校野球で思い切りプレーし、あと10本のホームランを放って、堂々のプロ入りをしてほしい。

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2017年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト

同校OBのオリックス・T-岡田の高校通算55本まであと5本。「60本は打てたらいいと思う。一戦一戦を大切にしたい」。偉大な先輩を超え、夏は日本一へ導く決意だ。


PAGE TOP