【明治神宮大会】広陵・真鍋慧選手が48号ホームラン、ヤクルト・中日・巨人スカウト「ホームランアーティスト」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

明治神宮大会は広陵高校が登場し、来年のドラフト1位候補・真鍋慧選手が昨年の大会に続いて、通算48号となるホームランを放った。

スポンサーリンク

昨年よりも

189cm93kgの体は筋肉質で太さではなく、癖のないきれいなフォームからホームランを放つ。真鍋慧選手はこの日、7回の先頭打者で打席に立つと、高めのストレートをフルスイングし、高い打球はライトスタンドへ放り込まれた。

昨年の明治神宮大会でも1年生でホームランを放っており、これで2年連続となる。高校通算は48号で、「とてもいい感触。昨年よりも弾道が高かったし、いい角度」と昨年よりも良い当たりだったと感想を話した。

この打撃を、視察した各球団のスカウトが絶賛している。

巨人・榑松スカウト部次長:「ホームランバッターの弾道。飛ばす能力は魅力」

中日・米村シニアディレクター:「ホームランアーティスト。あの角度が打てるのは天性。佐藤輝のような素材」

東京ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク:「スケールアップしましたね」

広陵の中井監督も「飛距離があり、どちらにも長打が打てて勝負強い。彼が打つとチームが乗る。ずっと引っ張ってくれている」と評価した。

来年は高校通算90本塁打の佐々木麟太郎選手、九州国際大付の佐倉侠史朗選手と並び称される中で、二人とは少し違ったタイプのスラッガーに見える。一塁手ということで、その点がどのように評価されるかという点はあるものの、それを度外視しても将来のチームの主砲候補として欲しい選手になるのは間違いない。

今大会は更に打ちそうで、なにより来年、甲子園でのホームランを大いに期待したい。

【2022年 明治神宮大会】2日目の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会2日目の、高校の部、大学の部の対戦カードと注目選手を紹介します。
2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【神宮大会】広陵・真鍋慧、2年連続のホームランで高校通算48号「昨年よりも弾道が高かったし、いい角度」
 高校の部では昨年準優勝の広陵(中国)と仙台育英(東北)、大学の部では国学院大(東都大学)と名城大(北陸・東海3連盟)が初戦を突破した。“広陵のボンズ”こと、来秋ドラフト候補の真鍋慧(けいた)一塁手(

巨人・榑松(くれまつ)スカウト部次長は「ホームランバッターの弾道。飛ばす能力は魅力」と称賛。中日・米村シニアディレクターは「ホームランアーティスト。あの角度が打てるのは天性。(阪神の)佐藤輝のような素材」と高評価した。

広陵・真鍋慧が大アーチ「弾道が高くていい打球」7秒近くかけ右翼中段へ スカウトうなる - 高校野球 : 日刊スポーツ
広陵(中国・広島)・真鍋慧内野手(2年)が本領発揮の大アーチをかけ、東海大菅生(東京)を退けた。7回、右翼席に高々と上がる高校通算48号ソロ。同校2年生は日程… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

甲高い打球音を残して舞い上がり、7秒近くもかけて右翼席中段に落ちた。190センチの巨体で軽やかにベースを回った広陵・真鍋は「とても感触が良かったです。弾道が高くて、いい打球でした。神宮大会で打ててうれしい」と高校通算48号を自賛した。中日米村チーフスカウトは「まさにアーチスト」と驚き、ヤクルト橿渕スカウトグループデスクは「スケールアップしましたね」とうなった。

広陵・真鍋、ダメ押し特大弾 修学旅行キャンセルも「ディズニーランドはいつでも行ける」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高校の部では2回戦2試合が行われ、広陵が東海大菅生に快勝した。“2年生四天王”の一人で“広陵のボンズ”こと真鍋慧(2年)が7回にダメ押しの特大右越えソロを放った。今夏甲子園覇者の仙台育英は4点劣勢の9回に5点を挙げ劇的勝利。大学の部では1回戦1試合、2回戦1試合が行われ、名城大と国学院大がそれぞれ勝ち進んだ。
【神宮大会】“広陵のボンズ”真鍋慧、高校通算48号で東海大菅生撃破 修学旅行辞退も「ディズニーはいつでも行ける」
 昨年準優勝の広陵(中国)が東海大菅生(東京)を破り、初戦を突破した。“広陵のボンズ”こと、プロ注目の真鍋慧(けいた)一塁手(2年)が、7回先頭で大きな放物線を描く高校通算48号を右翼席に放り込んだ。
昨年準Vの広陵が準決勝へ 〝広陵のボンズ〟真鍋慧が高校通算48号/神宮大会
明治神宮野球大会第2日(広陵6-2東海大菅生、19日、神宮)各地区秋季大会優勝の10校で争う高校の部の準々決勝が行われ、昨年準優勝の広陵(中国)が東海大菅生(東…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント