名城大が真田拓投手と松本凌人投手で完封リレー、4年から3年へバトン

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

名城大は先発した4年生の真田拓投手が7回2安打9奪三振無失点の好投を見せると、リリーフした3年生で来年のドラフト上位候補の松本凌人投手も、2回をノーヒット4奪三振の圧巻の投球で抑え、完封リレーで勝利した。

スポンサーリンク

28年ぶりの明治神宮大会勝利

名城大はこの日、4年生で今年のドラフト候補として注目された151キロ右腕・真田拓投手が先発すると、5回までノーヒット投球を見せる。6回に内野安打で記録は途切れたが、「先制点を与えないこと、フォアボールを出さないことを意識して、五回までノーヒットにつながりました」と話す好投だった。

そして8回からは3年生で来年のドラフト注目選手の松本凌人投手が登板すると、独特のサイドスローから自己最速タイの151キロの速球を投げ、2回をノーヒット4奪三振でパーフェクト、九州共立大を圧倒する投球を見せた。

「真田さんがいい投球だったので、何とかゼロでつなごうと意識して、マウンドに上がりました。」と話す3年生は、来年にむけて「155キロを目指したいです」と話した。

また名城大は、今年のドラフト会議で指名が注目されていた野口泰司捕手が、2回まで3四死球を出していた真田投手に「上半身で投げてるぞ」とアドバイスして立ち直させると、5回には点差を開く犠牲フライを打ち、チームの勝利に貢献した。

名城大は栗林投手なども要した年にも明治神宮大会に出場していたが、勝利を手にすることは出来ておらず、この日の勝利は実に28年ぶりだったという。

来年は松本投手、そして再来年には社会人で活躍した真田選手と野口選手がドラフト会議で注目される投手となっていることを期待したい。

【2022年 明治神宮大会】2日目の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会2日目の、高校の部、大学の部の対戦カードと注目選手を紹介します。
2023年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
名城大が28年ぶり勝利 真田拓が7回を2安打無失点に抑える好投【明治神宮野球大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇19日 明治神宮野球大会 大学の部1回戦 名城大5-0九州共立大(神宮) 名城大(東海地区・北陸・愛知3連盟)が九州共立大(九州3連...
【神宮大会】 名城大が完封リレーで28年ぶり勝利 5回までノーノー投球の真田拓「先制点を与えないことを考えて投げた」
 名城大(北陸・東海3連盟)が九州共立大(九州3連盟)相手に完封で初戦を突破。明治神宮大会では28年ぶりの勝利となった。
名城大が九州共立大に完封勝ち 真田拓5回までノーノーも「意識はしていませんでした」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
名城大(北陸・東海3連盟)は投打がかみあい、九州共立大(九州3連盟)に完封勝ちを収めた。明治神宮大会では、94年以来28年ぶりの白星を飾った。21日の準々決勝… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
名城大が完封勝ちで28年ぶりの白星 先発の真田「素直にうれしいです」/神宮大会
明治神宮野球大会第2日(19日、名城大5-0九州共立大、神宮)名城大が1-0の五回に4点を追加するなどして初戦を突破。1994年の第25回大会1回戦で福井工大に…
名城大が28年ぶり神宮星 来秋ドラフト候補・松本2回4K、自己最速タイ151キロ出た - スポニチ Sponichi Annex 野球
 名城大が零封勝ちで94年以来、28年ぶりの白星を挙げた。先発の真田拓(4年)が7回無失点。来秋ドラフト候補の変則サイド右腕・松本凌人(3年)が2回を4奪三振でピシャリと封じ、自己最速タイ、今大会最速の151キロを2球計測した。「わかっていても打たれないストレートを求めてやっている。神宮も(春秋通じ)3度目で、だいぶな...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント