京都大・田中英祐投手が5安打7奪三振1失点も敗戦、立命大は桜井俊貴投手が完封

大学野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 関西学生リーグでは近大と京大が対戦し、近大が1-0で勝利した。プロ注目の田中英祐投手は完投し5安打7奪三振1失点と好投したが、勝利は得られなかった。また立命大は関学大と対戦し2-0で勝利、3年生エースの桜井投手が完封した。

巨人スカウトが評価

 京都大の田中英祐投手はこの日も好投を見せ、8回を投げて近大打線を5安打に抑え7つの三振を奪った。しかし5回に2ベースヒットを許しランナーを三塁に進められると、犠牲フライで1点を与える。この失点が決勝点となり0-1で敗戦投手となった。

 しかし強豪の近大打線を相手にした好投に視察した巨人の益田スカウト主任は「腕も振れているし、十分合格点」と評価した。阪神と共に巨人も田中英祐投手には早い時期から注目し、繰り返し視察を行っている。近年は指名した大学生投手がチームを支えている巨人だけに、関西屈指の投手として田中投手の指名があるかもしれない。

 近畿大は昨年の不祥事があけて、また田中秀昌監督が指揮をして初勝利となった。この試合では2年生で186cmの大型右腕・畠世周投手をマウンドに送ると、5回で5安打を許しながらも粘りの投球で無失点と好投する。そして6回からは同じく2年生で184cmの左腕・越智洸貴投手が登板すると、4回を1安打2奪三振と完璧な投リリーフを見せて完封リレーした。

 二人の2年生の左右の大型投手を使った事で、田中監督の期待が伺える。共に再来年のドラフト候補として輝き始めている。

 

立命館大は元祖公立エースが完封

 国立のエース・田中英祐投手が注目されているが、北須磨高校で公立のダルビッシュと呼ばれた桜井俊貴投手が現在は立命館大のエースとなっている。この日も先発すると昨年王者の関学大を5安打13奪三振、4つの四球を与えたものの完封で勝利した。

 関学大の走塁ミスにも助けられたものの、これでリーグ通算4度目の完封勝利となった。180cmから143km/hを投げる桜井投手は今後も実績を積み重ね、最終的にプロ入りを目指す。

 

京大・田中が惜敗 犠飛の1失点のみ - デイリースポーツ:2014/4/20

 京大・田中英祐投手(4年・白陵)が先発、シーズン2勝目(通算6勝目)を狙ったが、五回に犠飛で1点を失い、これが決勝点に。

 一方、今季から就任した近大・田中秀昌新監督(56)は2カード目での初勝利に「ホームは遠かったけど、うれしいですね」と笑顔を見せていた

立命大・桜井13奪三振完封勝利 - デイリースポーツ:2014/4/20

 立命大・桜井俊貴投手(3年・北須磨)が5安打、13奪三振で、自身4度目となる完封勝利を挙げた。

 打線は初回に八代、高島の連続長短打で先制。二回にも益田の適時打で桜井を援護。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント