東京六大学フレッシュトーナメント、明治大・和田慎吾選手などが活躍

内沢航大, 鈴木昭汰, 長江理貴, 和田慎吾, 入江大生

東京六大学の2年生までが出場するフレッシュトーナメントは、明治大が優勝を納めた。常総学院出身の和田慎吾選手が3ランホームランなど4打点の活躍を見せた。

来年の主力に

明治大はこの日の法政大との決勝戦で、5番レフトに入った和田慎吾選手が、6回に先制の3ランホームランを放つと、8回にもタイムリーヒットを打ち、4-2で勝利して優勝した。和田選手は186cmの大型選手、常総学院3年時にセンバツに出場し、大会前の公式練習のフリー打撃で3本のさく越えを見せ、1回戦の米子北戦でホームランを放っていた。

また明治大は長江理貴投手が春のフレッシュトーナメントに続いてエース格の投球を見せ、この日も7回を投げて5安打2失点にまとめた。前日の準決勝では昨夏の甲子園で作新学院の主砲として活躍した入江大生選手が投手として2番手で登板し、5回を2安打5奪三振無失点と好投を見せている。

法政大は八戸工大一時代に195cmの長身投手と注目された内沢航大投手が先発し、6回で3失点も3安打8奪三振の好投だった。法政大は準決勝でも昨年まで常総学院のエースとして注目された鈴木昭汰投手が先発し、5回2/3を4安打5奪三振1失点と好投を見せている。

今年のフレッシュトーナメントで活躍した選手は、来年の主力として活躍してくれるだろう。しかし同じ1,2年生でも慶応大の佐藤宏樹投手や関根智輝投手など、すでにチームの主力として優勝に貢献する活躍を見せている選手もいる、その選手に追いつきたい。

2019年度以降-東京六大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP