右の大砲、立正大・伊藤裕季也選手

立正大, 伊藤裕季也

セカンドを守り、侍ジャパン大学代表でも主軸を打った右の大砲・伊藤裕季也選手も注目候補の一人。

広角に長打

立正大・伊藤裕季也選手は181cm90kgの体があり、大学では2部だった2年生の春から出場すると、1部に昇格した3年秋に2本塁打、この春と秋も2本塁打を放った。この秋に4本の2ベースヒットなど左右に外野手の頭を超える打球を放ち、10月17日のリーグ最終戦ではレフトスタンド上段に飛び込む特大ホームランで有終の美を飾った。

侍ジャパンでも5番などを打ち、海外の投手と対戦して「まっすぐがすごく重い」と威力を体験した。強い打球を心掛け成長をしている右の大砲だが、大きな体でセカンドをしっかり守り、また50m6.2秒の足と遠投100mの肩もある。

いわゆるつぶしが効く選手で、もしプロでもセカンドのままで長打を打てる選手になれば、重宝されるだろう。

2018年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
2018年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

右の大砲、立正大・伊藤 デイリースポーツ紙面 2018/10/24

 


PAGE TOP