東北福祉大・山野太一投手が147キロ、2回1失点

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

東北福祉大のドラフト上位候補左腕・山野太一投手が、きらやか銀行とのオープン戦に登板し、147キロを記録した。

肘の強い張り

この日のきらやか銀行とのオープン戦で、9-2とリードした場面でドラフト候補左腕の山野太一投手が登板した。肘に強い張りがあり、ここ2週間は対外試合に登板していなかったという。

この日はストレートを多めに投げ、「感覚も戻っていなくて、球の強さもあまりなかった。しっかり練習してリーグ戦をむかえたい」と話したが、球速は147キロを記録しまずまずという所、2回を投げ2安打1失点と、ドクター0と評される投球にはもう少しだが復調の気配を見せた。

仙台六大学リーグは19日に開幕する。東北福祉大のエースとしての投球を見せ、ドラフト会議へと向かいたい。

2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-仙台六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

9―2とリードする6回から3番手で登板した東北福祉大・山野が、2回を投げ2安打1失点。肘に強い張りがあった影響で約2週間ぶりの対外試合登板となり本調子ではなかったが、直球を軸に投げ込んだ。「感覚も戻っていなくて、球の強さもあまりなかった。しっかり練習してリーグ戦をむかえたい」と山野。それでも球速は147キロを計測するなど復調気配だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント