立教大の150キロ右腕・池田陽佑投手がプロ志望表明

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

立教大はこの日、今年最後の練習を行った。エースとして期待される150キロ右腕・池田陽佑投手はプロ志望を表明した。

スポンサーリンク

150キロ

池田陽佑投手は佐々木朗希投手・奥川恭伸投手世代の大物として、智弁和歌山時代に150キロの球が注目された。先日の侍ジャパン大学代表候補合宿でも150キロを記録して非常に存在感を見せていたが、「先輩の荘司さんを見て、プロに行きたい気持ちが強くなった」と、今年のドラフト会議で東北楽天に1位指名された荘司康誠投手の姿を見て、プロを目指す意思を固めた。

「上位指名でプロに行きたい」とドラフト上位指名を目標とし、甲子園で投げあった奥川投手とは、「次はプロの舞台で投げ合って完封勝ちしたい」と話す。

来年は「チームとしては春リーグ戦優勝できるように、出来ることを精いっぱいやる」として、最上級生でエースの自覚を持って投げることを誓った。

池田投手も重そうな威力のある球とともに、変化球の含めた総合力に優れ、高校時代からの投手としての経験も非常に豊富で、荘司投手とは違った形で評価され、ドラフト2位までには指名されるのではないかと思う。来年の活躍に期待したい。

【2023】侍ジャパン大学代表強化合宿(12月)
2022年12月2日から4日に行われる侍ジャパン大学代表強化合宿の招集メンバーが発表されました。
立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
立大の150キロ右腕・池田陽佑がプロ志望明言「荘司さん見て行きたい気持ちが強く」練習納め - アマ野球 : 日刊スポーツ
東京6大学の立大は24日、埼玉・新座市の同校グラウンドで練習納めを行った。毎年恒例の運動会が開催され、選手はチームごとに二人三脚や大縄跳び、リレーを行い順位を… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
立大・池田陽佑、ヤクルト奥川に雪辱期す 甲子園で惜敗「プロで投げ合って完封勝ちしたい」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
大学日本代表候補の最速150キロ右腕、立大・池田陽佑投手(3年=智弁和歌山)がプロ志望を明言した。埼玉・新座市内の同大グラウンドで練習納めを行い、「上位指名で… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント