明治大は上田希由翔選手、蒔田稔投手、村田賢一投手がプロ志望表明

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

明治大は今年最後の練習を終え、侍ジャパン大学代表候補合宿に参加した主将の上田希由翔選手と蒔田稔投手、そして村田賢一投手がプロ志望を明らかにした。

スポンサーリンク

三冠王目指す

侍ジャパン大学代表候補合宿に参加した上田希由翔選手と蒔田稔投手、上田選手はこの日、「プロで1年目から活躍するために、4年間学ぼうと思って大学に入った。プロ1本で考えています」と話した。

愛産大三河で高校通算46本塁打を放ち、プロから注目されていた。明治大でも現時点で通算6本塁打を放ち、今年夏の侍ジャパン大学代表にも3年生ながら選出されている。先日の合宿でも大きい体だがフットワークの良い守備を見せ、打撃でもシンプルにバットが出て広角に打てそうなフォームを見せていた。「ホームランにはこだわりがある。伸ばしていきたい。3冠王を目指します」と話すが、佐野恵太選手のようにアベレージを残しながらホームランを打てる選手になるのではと感じた。

また、同じく合宿に参加した蒔田稔投手も「高校の時はプロに興味はなかったけど、村田や先輩の姿を見て意識するようになった。目指していきたい」と話す。昨年の秋からリーグ戦で登板し、今年春に4勝、秋に2勝で通算6勝を挙げているが、最速148キロの速球に変化球も制球良く投げられる。目標をプロに変えたことでどのような変化があるか注目したい。

そして、エース格のもうひとり・村田賢一投手も「プロに何が何でも行く気持ちです。それが今まで指導していただいた方への恩返しになる」と話した。春日部共栄時代から好投手として注目され、大学でもここまで現役最多の通算9勝を挙げている。148キロの速球を投げるが球速帯はもう少し欲しいところで、このオフは球速にこだわって練習をしているという。

「勝てる投手になりたい。10勝を目指します」と話し、ドラフト指名だけではなく上位指名を目指す。まずは150キロを突破し、その上で今のような安定感あふれる投球を春・秋通じてみせたい。

明治大は今年、エース番号の「11」が空き番号だった。田中監督は「来年はつけさせるつもり」と話し、蒔田投手、村田投手を競わせる。どちらが11をつけるのかも注目したい。

再来年は

そして、現2年生で再来年のドラフト指名を目指す宗山塁選手も注目される。今年春に首位打者を獲得すると、秋も4本塁打に打率.354、15打点を挙げ、打撃も抜群で守備も良い遊撃手として、満票でベストナインに選ばれた。

それでも「春は出だしは良かったけど、終盤は打率を落としてしまった。秋は出だし最悪で相手投手の術中にはまった感じ」と話し、まだまだ満足していない。そして、「シーズン打率5割。半分ヒットにできればよくやったかなと思う」と高い目標を目指す。

今年2年生終了時点で通算61安打、明治大の髙山俊選手(2015年・阪神ドラフト1位)が記録した131安打と比べると、2年終了時点では1本差となっている。リーグ記録にはあまり興味を示さないが、このまま走り続けて記録を更新し、2024年のドラフト会議では超目玉としてプロ入りをしたい。

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年ドラフト候補一覧
2023年のドラフト候補選手一覧です。2023年のサンケイスポーツ、スポーツ報知、日刊スポーツの1月新春の情報を反映しました。 皆様よりお寄せいただいたドラフト候補選手の動画とみんなの評価の選手を元に掲載しております。ぜひ、良い選手をご紹...
【2023】侍ジャパン大学代表強化合宿(12月)
2022年12月2日から4日に行われる侍ジャパン大学代表強化合宿の招集メンバーが発表されました。
明大新主将の上田希由翔、村田賢一、蒔田稔の3人がプロ志望 練習納めで決意明かす - アマ野球 : 日刊スポーツ
今秋の明治神宮大会で日本一を達成した東京6大学・明大が24日、都内のグラウンドで練習納めを行った。ケガ人を除く全員が恒例のポール間走を30本行い、22年の練習… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【大学野球】 明大の新主将・上田希由翔の目標は「3冠王」  巨人ドラ2の慶大・萩尾に続く!
 東京六大学リーグの明大は24日、東京・府中市の同校グラウンドで年内の練習を終え、新主将の上田希由翔内野手(3年=愛産大三河)がリーグ戦の「3冠王」を目標に掲げた。
明大・上田希由翔「4連覇、4冠が目標。進路はプロ一本」 練習納め/東京六大学
東京六大学野球の明大は24日、東京・府中市のグラウンドで練習納め恒例のポール間30本走を行い、年内の練習を締めくくった。来年のプロ候補、上田希由翔(きゅうと)内…
明大 上田希由翔、村田賢一、蒔田稔がプロ志望を明言 来季は大学4冠を目指す/デイリースポーツ online
 東京六大学野球リーグの明大が24日、東京・府中市内の同大学グラウンドで年内の活動を終えた。新主将の上田希由翔(きゅうと)内野手(3年・愛知産大三河)、村田賢一投手(3年・春日部共栄)、蒔田稔投手(3年・九州学院)がプロ志望を明言。この日は毎年恒例の“ポール間走30本締め”で汗を流した。 上田は、今年1年で34安打25...
中日ドラ2村松に続く!明大の上田希由翔「プロ一本」新主将として最終学年へ「HR増やして三冠王取る」:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東京六大学野球の明大は24日、東京都府中市のグラウンドで、恒例のポール間往復30本走で今年の練習を締めくくった。今秋ベストナイン三塁手...
明大練習納め 最多安打の連盟記録狙う宗山「達成はしたいけど、まず1打席。そこに集中することが大事」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東京六大学野球で春秋連覇、明治神宮大会も制した明大が24日、年内最後の練習を行った。日の出とほぼ同時刻の午前6時半からみっちり2時間、右翼ポールから左翼ポールまでの30往復などランニングのみで汗を流した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント