東北楽天ドラフト7位のJFE西日本・吉川雄大投手が、契約金2500万円、年俸700万円で入団合意

2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

東北楽天は、ドラフト7位で指名したJFE西日本の吉川雄大投手と、契約金2500万円、年俸700万円で入団に合意した。

スポンサーリンク

167cm右腕

吉川雄大投手は167cmの右腕投手で、広陵高では太田光捕手とバッテリーを組み、安定した投球を見せていた。東海大、JFE西日本でも安定した投球を見せていたが、個人的には特に目を引くということがなく、今年のドラフト会議の指名で驚いた一人だった。

東北楽天は2016年に、ENEOSの左腕・高梨雄平投手をドラフト9位で指名、好投手ではあるが同じく指名に驚いた投手だったが、プロではリリーフとして活躍をしている。また、180cmと大型で大学から注目されていたものの、Honda鈴鹿の瀧中瞭太投手も2019年のドラフト6位で指名し、今年10勝を挙げる投手となっている。

吉川投手にも、高い制球力と攻める投球を評価して指名をしており、指名あいさつの時にはスカウトから、右打者のインコースをえぐるシュートの習得をすすめられた。現在はそのシュートを練習しており、「キャッチャーに受けてもらって少しずつ出来るようになってきている。うまく使いこなせるようになれば有効なボールになると思う」と話す。

「僕も大きくない野球選手を目標にしてきたので。そういう目標となるプロ野球選手になれればと思います」と話す吉川投手、小さな大投手となって社会人野球の投手、小柄な投手のモチベーションを高めてくれる投手になってほしい。

2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

指名あいさつ時にスカウトから習得をすすめられた、右打者の内角をえぐるシュートも継続して練習中。「キャッチャーに受けてもらって少しずつ出来るようになってきている。うまく使いこなせるようになれば有効なボールになると思う」と手応えを示した。

楽天ドラフト7位・吉川が目指す小さな大投手 1メートル67の小兵右腕 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 目指すは小さな大投手だ。楽天からドラフト7位で指名されたJFE西日本・吉川が広島県内で入団交渉に臨み、契約金2500万円と年俸700万円で入団に合意した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント