東京ヤクルトのドラフト1位候補に盛岡大付・松本裕樹投手が浮上も

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 サンケイスポーツによると、東京ヤクルトが甲子園で東海大相模を変化球で抑えた盛岡大付・松本裕樹投手をドラフト1位候補に挙げているようだ。

鳥原チーフスカウトが「上位候補」と話す

 記事の内容としては、東京ヤクルトの鳥原公二チーフスカウトが「大会NO.1右腕。打ち取るコツを知っている」「1年目から1軍に出られる」と話すなど高く評価し、「上位指名する可能性がある」と上位候補の可能性を語ったという。

 そして東北地方を担当する八重樫スカウトが密着マークをしているとのこと。東京ヤクルトは2011年のドラフト会議で八重樫スカウトの担当する東北地方の選手を4人も獲得した。しかしドラフト4位の太田裕哉投手は2年間で戦力外に、ドラフト5位の中根佑二投手も故障が長引き2013年に戦力外→育成枠で再契約と、結果としては良くなかった。

 

投手陣の故障

 東京ヤクルトはセリーグNO1の打撃力があるが、投手については故障選手が多く12球団でもワースト1位となっている。チームの方針としては4番を打てる右の大砲候補をかねてからポイントとしているものの、投手陣の立て直しのため投手の獲得が優先され2013年には杉浦稔大投手をドラフト1位で指名した。しかし杉浦投手も故障によりまだ1軍で投げられていない。

 ただし松本裕樹投手についていうと、先日の登板でもひじの痛みを抱えながらの登板となっている。杉浦投手の事もあり、ドラフト1位で投手を指名する際には球団も故障についてかなり重要なポイントにするのではないかと思う。

 この他にも安楽智大投手、田嶋大樹投手なども故障があり、投手を1位指名するならば、早大・有原航平投手や亜大・山崎康晃投手など、即戦力で目立った故障をしていない投手になるのではないかと思う。

 

ジレンマ

 また、投手陣の故障はジレンマを抱えている。故障により長期離脱している投手は実力不足という事ではないためなかなか戦力外にはできない。従って保有する投手の数は多く、新たに獲得する数はそれほど増やせない。そのため投手の獲得は量よりも質を優先するしかない。

 そのためFAや外国人などで実績のある投手を獲得したうえで、ドラフトでは獲得が難しい右の主砲候補を1位指名するという事も考えられる。

 松本裕樹投手も故障がなければドラフト1位は間違いない投手だが、今の状況で東京ヤクルトが指名をするのは難しいかもしれない。

 
  「(甲子園では)右肘をかばうように投げ、直球もあまり投げていなかった。だが、他の球種で(強打の東海大相模打線を)抑えた。松本は江川と通じる。例えば、直球の調子が悪いときに他の球種で抑えられる。甲子園では大会NO・1右腕です」

 怪物と騒がれた元巨人・江川と比較されるほどの高い評価を得た松本。現在は、仙台商高出身で東北地方にゆかりのある八重樫幸雄スカウトが密着マークする。20日の敦賀気比(福井)戦も含め、右肘の違和感を抱える右腕の状態をドラフト会議までに見極める。

 「肘の回復状態を見て、問題ないと結論が出れば、上位指名する可能性がある」と鳥原チーフスカウト。ヤクルトは早大の最速156キロ右腕、有原航平投手(4年)を中心に1位候補をリストアップ。他球団と重複する可能性などを考慮し、最終結論を下す考えだ。

 炎症を抱える右肘については「試合中(16日の東海大相模戦)、そこそこ痛んだ。痛み止めも飲んでいた」という状態で、この日はフリー打撃も行わず軽い運動のみ。19日もブルペン入りの予定はないが「投げられないほどではない」と強調した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント