履正社・小深田大地選手には11球団から調査書

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

履正社の小深田大地選手には、11球団から調査書が届いている。高校通算35本塁打の左のスラッガーに注目が集まる。

スポンサーリンク

井上選手にライバル心

昨年夏の甲子園で、3番バッターとして活躍し、全国制覇のメンバーとなった小深田大地選手。高校通算35本塁打の左のスラッガーとして注目される。

その甲子園で4番を打った井上広大選手は、昨年のドラフト会議で阪神に2位で指名された。その井上選手には「負けると悔しいですし、負けたくない気持ちが一番強かった。偉大な先輩とまた一緒に野球をやりたい」と話した。

小深田選手は今年のドラフト候補の中で、左のスラッガータイプの選手では、佐藤輝明選手に次ぐくらいに評価されているとみられる。佐藤選手を抽選で外して、チームにやや余裕のあるチームは小深田選手を2位当たりで狙ってもおかしくない。

履正社では東京ヤクルトの山田選手、千葉ロッテの安田選手などが活躍し、井上選手も1軍に登場して、力強いスイングに将来の阪神の4番と声が挙がるなど注目される。小深田選手も「打ち合いたいと思っているので、負けずに勝つつもりで頑張ります。全てを兼ね備え、自分が目指される選手を目指したい」と話し、先輩に負けない覚悟を持ってプロ入りをする。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

4人の中で最多11球団から調査書が届く小深田は1学年先輩にあたる阪神・井上への対抗心をあらわにした。

 「負けると悔しいですし、負けたくない気持ちが一番強かった。偉大な先輩とまた一緒に野球をやりたい」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント