高校野球・秋田大会(2017):ドラフト注目度B

2017年夏の高校野球秋田大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは指名された選手はいなかったものの、大館鳳明の佐藤宏樹投手や角館の小木田敦也投手などが注目された。今年も全体的にレベルが高い投手がそろい、2年生にも注目選手がいるのでドラフト注目度はB。

地区

昨年は大曲工が激戦の末に決勝を制した。甲子園では初戦で花咲徳栄に敗れたものの投手が好投をみせた。準優勝は角館、147キロ右腕の小木田敦也投手を甲子園で見たかったという人も多かったかもしれない。

秋は横手が優勝、大曲工が準優勝、3位に角館、4位に秋田商が入り、強豪チームの中で横手高の活躍が光った。東北大会では3校とも初戦を勝ち上がったが2回戦で敗れ、センバツ出場はならなかった。

春は明桜が優勝し能代松聖が準優勝、3位に角館、4位に秋田修英と、秋とは面々が入れ替わった。しかし春の東北大会では出場した3チームとも初戦で敗退し、全国クラスのチームの登場が期待される。

混戦模様といえる。昨年の甲子園を経験した大曲工は実力があると思うが今年は結果を出せず、明桜、能代松聖、角館、秋田商などに、秋田修英、金足農、などの名前も挙がってくる。どこが勝ち上がってもおかしくない。

注目選手

昨年夏の甲子園で143キロを記録した大曲工の藤井黎來投手は、181cm86kgと体は出来上がっている。今年に入りチームが地区大会で敗れてしまったが、その試合でリリーフで登板した藤井投手は、9人と対戦し8奪三振と驚異的かピッチングを見せた。やはり夏は目が離せない投手だろう。

その他の注目選手

大曲農にプロ注目投手がいる。戸澤秋斗投手は179cmの右腕で腕をしならせて回転の良い144キロの速球を投げる。まだ体が細いのでしっかりとしてくればさらに球速アップも望める。その戸澤投手と投げ合い13奪三振を記録した能代の後藤悠之投手も177cmの右腕で最速142キロを記録し、キレの良いスライダーを武器とする。

横手高校の貴俵健投手は185cm86kgとスケールが大きい。球速は130キロ中盤だが、その球速で空振りを奪える球を投げており将来が期待される。角館の鈴木佳偉選手はセカンドでセンスの良さを見せ、また投げても140キロを記録する。

2年生にも注目選手がいる。明桜の山口航輝投手はこの春の大会で準々決勝から3連投し18イニングを自責点0に抑えチームを優勝に導いた。打撃でも4番を打ち12打数8安打6打点2本塁打の活躍を見せる。181cm85kgと体もあり、来年のドラフト注目選手になるかもしれない。

金足農の2年生・吉田輝星投手も身長は173cmと高くないが、この春にいきなり144キロを記録して驚かせた。

2017年度-高校生-秋田県のドラフト候補リスト


PAGE TOP