2年間で急成長、千葉ロッテが評価する都城商・森遼太朗投手に注目、宮崎大会

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

組み合わせが決定した高校野球宮崎大会、都城商の森遼太朗投手は2年で球速を19キロアップさせ、千葉ロッテなどが評価する投手となった。

2年間で19キロ球速アップ

入学時は64kgだった体を鍛え、今は180cm76kgとしっかりとした体になった。それに伴い球速も最速125キロから144キロへアップをしている。

スライダーの切れもよく千葉ロッテのスカウトが、九州で一番美しいフォームと評価するなど、しっかりとした土台があり、その力をつかって腕をしっかりと振り切ってボールに力を伝えていく。これからも成長が期待できる投手だと思う。

宮崎では延岡学園の183cm右腕・藤谷勇介投手や宮崎日大の147キロ右腕・木幡倫太郎投手など好投手が目白押しで、プロのスカウトも何度も宮崎入りする事になりそうだ。

2017年度-高校生-宮崎県のドラフト候補リスト

都城商・森、弱気は最大の敵 西日本スポーツ紙面 2017/6/24
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント