【2023年ドラフト展望】社会人編、ENEOS・度会隆輝選手の一強かそれとも

社会人野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

2023年のドラフト展望、社会人野球編です。大学生編高校生編

スポンサーリンク

度会一強か?

現時点で社会人野球のドラフト上位候補として注目されるのはENEOSの度会隆輝選手。昨年の都市対抗での4本塁打を始め、スポニチ大会でも高校卒1年目の一昨年、2年目の昨年とホームランを放っている。チャンスに強いメンタル面はヒーローインタビューを見ると納得するような、末恐ろしいものを持っているように見える。

横浜高校1年時は主に夏の大会でヒットを量産し、本当にバットを振ればヒットと言う状態が長く続いていた。それから高校3年までに長打力がぐんぐん増していく中で二塁手としての守備も評価された。ドラフト指名漏れは本人にとってもショックだったと思うが、プロ側にとっても悔やんでいる人は大勢いるのではないかと思う。

この度会選手が一強となっているが、ここに追いつく可能性があるのがNTT東日本の片山楽生投手など投手陣か。片山投手は高校時からバットに当たらないキレの良い球を投げていたが、社会人で最速151キロを記録し、更に成長すれば怪物投手になるかもしれない。高校卒3年目という点でも度会選手と並んで評価が高まる可能性がある。

大学卒組に実力派投手がそろう。日本通運・川船龍星投手は社会人1年目から威力十分のたまを投げ、今年はエースとしてかなりの実績を残しそうだ。同じ日本通運の古田島成龍投手も152キロの速球に磨きをかける。TDKの権田琉成投手、JFE東日本の長谷川稜佑投手、セガサミーの古屋敷匠真投手、ENEOSの飯田琉斗投手、日本生命の小向直樹投手といった150キロ超えの投手たちも更に成長が期待される。

その中でトヨタ自動車の松本健吾投手は、強力投手陣の中ですでに頭角を現しており、今年はドラフト上位の評価を受けるところまで来るのではないかと思う。三菱重工Westの竹田祐投手も高校、大学の実戦的な投球に球威が伴ってきている。

高卒組は高校3年時に甲子園が中止となり、甲子園や東京ドームでプロのスカウトの集まる中で練習会を行った選手たちになるが、ドラフト指名漏れしてHonda熊本に進んだ内田了介投手の投球は、他に指名された選手よりも良いものだったと思う。社会人野球でまだあまり名前を聞かないが出てきてほしい投手。

そして2022年に指名されなかった投手では茨城日産の入江空投手や、JR東日本の小谷野楽夕投手、ENEOSの関根智輝投手や加藤三範投手などがどのようになっていくか。2022年は大学卒3年目以上の投手が奮起して指名されたケースも目立っており、期待は大きい。また、高卒4年目となる西部ガスの大畑蓮投手も注目しておきたい。

野手

捕手、遊撃手、そして長打力のある外野手としては、度会選手以外に挙がってくる選手が少ない。

しかし、高校や大学で注目されていた三菱重工Eastの津田啓史選手やヤマハの相羽寛太選手、日本製鉄鹿島の陶山勇軌選手や日本新薬の若林将平選手などは、自分の可能性に限界を設定せずに、もっと高めてゆきたい。

福岡ソフトバンクの野村勇選手が大学卒3年目でプロ入りし1軍で活躍を見せている他、日本新薬の福永裕基はプロ入りへの強い思いを持って大学卒4年目でドラフト会議で指名を受けている。

2023年度-社会人投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント