西浦直亨選手、大城戸匠理選手、畔上翔選手が4安打記録し法大が勝利、明大・岡大海選手ホームランも敗れる

大学野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 優勝をかけた大一番となった、東京六大学の法大vs明大の試合は、法大・石田健大投手、明大・関谷亮太投手が先発したものの打撃戦となり、法大が打ち勝って先勝した。

 法大は初回に1番・大城戸匠理選手が出塁すると、4番の西浦直亨選手がヒットで返す理想的な形で先制点を挙げた。石田健大投手が4回までに5失点したものの、この日は1番・大城戸選手と4番・西浦選手が止まらず4安打、3番の河合完治選手も2安打に7番の畔上翔選手も4安打で加点し、9-5で法大が打ち勝って優勝に王手をかけた。

 西浦選手は5打数4安打4打点、大城戸選手は5打数4安打1打点、河合完治選手は5打数2安打1打点、畔上翔選手は4打数4安打。ホームランは無いものマシンガンのように点を奪っていく。それは好調・明大をも退けた。西浦選手、大城戸選手、河合選手は今年のドラフトでも上位指名の可能性が高まってきたといえる。リーグ制覇、大学日本一の称号を手土産にしたいだろう。

 対する明大は岡大海選手が今季2号となるホームランを放つものの打線が繋がらず、2番手で投げた上原健太投手も調子が戻らずに3回1/3で7安打を許すなど法大打線を止める事ができなかった。

 納富は最後の打者を空振りの三振に仕留めると、左手でガッツポーズ。大一番でリーグ戦初勝利を挙げた4年生左腕は「こういう試合で投げることができてうれしい」と喜びをかみしめた。

 2年生になる直前の冬に腰を痛めて約1年間投球練習ができず、昨季までリーグ戦出場機会はなし。しかし、今季は4試合にリリーフ登板し、11イニングを投げて防御率0・82と抜群の安定感。神長英一監督も「球を触れない時期が長かった苦労人が今年開花した」と喜んだ。

 打撃でも6回1死三塁から遊前に適時内野安打。リーグ戦初安打、初打点が決勝打となった。打点17で打点王を独走する4番の西浦直も4安打4打点するなど、17安打の猛攻で31年ぶりの春全勝優勝へ王手をかけた。納富は「いつも通りの戦いができれば勝てる」と2季連続優勝を見据えた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント