法政大・森田駿哉投手が沖縄キャンプ入り、開幕投手を狙う

大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

 法政大学に入学する富山商・森田駿哉投手が、沖縄キャンプ入りした。最速146km/hの左腕が東京六大学の開幕投手を狙う。

実力は十分

 法政大新1年生の森田駿哉投手は、185cm83kgの体から最速146km/hの速球を投げる左腕投手として、昨年の甲子園でベスト16入りして注目された他、BFAアジア18U選手権ではエースとして決勝の韓国戦でも敗れたものの、8回1/3を2安打7奪三振2失点と好投を見せた。

 早稲田大の吉永健太朗投手も、高校日本代表のエースとしてアジアAAA選手権で韓国を完封して優勝しているが、大学1年春にはいきなり4勝を上げて大学日本一になっている。また早稲田実で夏の甲子園で優勝した斎藤佑樹投手も、1年春は開幕投手も務めるなど4勝を挙げている。

 大学1年生とはいえ、甲子園や代表で活躍する投手は、大学でもすぐに活躍する事が多い。森田投手も完成度が高く、1年目から活躍が期待される。

 

もうひとつの目標も

 しかし、高校野球で活躍して鳴り物入りで大学野球に入った選手が、1年時から活躍をみせたが故に4年時には故障や疲労により調子を落としているケースも目立つ。斎藤佑樹投手や東浜巨投手は大学4年まで結果を残したが、球威は高校時や大学1,2年時よりも落ちていた。島袋洋奨投手は故障などもあり4年時は登板するのも難しい程、調子を崩していた。

 高校時に注目され、プロ志望すればプロ野球選手になったであろう投手が大学で野球をするという事は、さらに上のレベルの投手になってからプロへ、という思いがある。森田投手も4年後のプロ入りを公言する。

 大学野球でタイトルを目指す事、優勝という目標も当然だが、もうひとつの目標である「プロで活躍すること」も見据えて、森田投手には二つの目標をかなえてほしい。そのためには大学の指導者の理解も不可欠だろう。

 

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 人生2度目の沖縄に降り立った18歳の顔は、引き締まっていた。「このキャンプに選ばれた以上、しっかりやりたい」。入寮の際には、青木久典監督(42)も「極論を言えば開幕投手もある」と話したほど、期待値は高い。1年春の開幕投手となれば、リーグでは佑ちゃん以来の快挙。大役に向け「目指すところではあると思う」と決意を見せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント