明治大・上原健太投手は沖縄に凱旋、沖縄でキャンプをする球団なら来年以降も凱旋

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 キャンプのために沖縄入りした明治大、上原健太投手は広陵高校出身だが、中学3年までは沖縄で暮らしていた。3月5日の沖縄電力戦で5イニングの登板予定。

まずは大学野球での凱旋

 上原健太投手は中学まで、うるま市に住んでいた。大学では昨年秋に最優秀防御率のタイトルを獲り、またチームも東京六大学リーグで優勝し、まずは大学野球での地元・沖縄での凱旋となった。3月5日には沖縄電力とのオープン戦で5イニングを投げる予定で、今年実戦初登板、凱旋登板となる。キャンプ中には沖縄にいる家族も駆けつけ、雄姿を見る。

 上原投手は今年のドラフト会議で最も注目される選手となりそうで、ドラフト1位指名は確実と言われる。プロ野球は沖縄県でキャンプをしているチームが多いが、ドラフト会議では沖縄でキャンプをしているチームに指名されれば、来年はプロ野球のユニフォームを着ての凱旋、そしてその後は、プロ野球で活躍をするたびに凱旋となる。

 ちなみに、沖縄でキャンプをしているチームは9球団(阪神、中日、日本ハム、巨人、広島、横浜DeNA、東京ヤクルト、東北楽天、千葉ロッテ)となっている。福岡ソフトバンク、埼玉西武、オリックスの場合は凱旋にはならない。

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント