千葉県大学リーグが今日開幕、注目選手は?

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 千葉県大学野球リーグが今日開幕する。注目選手などをピックアップする。

投手

 国際武道大の鈴木康平投手は高校時代も185cmの身長から140km/h後半の速球を投げる投手として注目された。大学ではまだ成績を残せていないが、一皮むければ一気に評価が挙がりそうな投手で注目される。また国際武道大は高校時代に注目された182cm左腕の筒井茂投手、さらに1年生に横浜高校のエースだった伊藤将司投手、市立船橋の144km/h右腕・青野善行投手も加入している。

 城西国際大はエースの米谷真一投手が昨年秋に6勝を記録した。かつては子役としても活躍していた投手。2年生の土肥康佑投手も143km/hの力のある球を投げる180cmの投手。

 中央学院大は3年生の臼井浩投手が注目される。小柄だが最速145km/hに多彩で鋭い変化球があり、昨年春に6勝、61奪三振を記録し、リーグのドクターKとして注目されている。4年の原与晋投手も145km/hの力のある球を投げる。

 敬愛大の2年生・鎌田光津希投手は180cmから141km/hも抜群のコントロールをみせ、昨年秋は1年生ながら3勝を挙げた。

 

野手

 城西国際大の宇佐美真悟捕手は180cm83kgの大型捕手で、セカンドまで2秒を切るスローイングが注目され、ユニバーシアードに出場する侍ジャパン大学代表の1次候補にも選出された。合宿にはケガのため参加できなかったが、素質は注目されている。また城西国際大の4番・本藤光貴選手は高校時代39本塁打のスラッガーで、大学でも8本塁打を記録している。

 東京情報大は昨秋打率.353の前出築選手が軸、敬愛大は3年生になる井桁尚吾選手が昨年秋に4本塁打、打率.400、13打点を記録し、抜群の打撃センスを見せる。

2015年度-千葉県大学リーグのドラフト候補リスト

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント