関西学生リーグが今日開幕!注目選手は?

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 関西学生リーグも今日開幕する。ドラフト注目選手をピックアップしてみる。

投手

 1年生からエース格として投げて来た選手が4年生となりレベルの高い争いとなりそうだ。

 関西大4年の石田光宏投手はユニバーシアードに出場する侍ジャパン大学代表の1次候補として合宿に参加すると、慶大との練習試合で先発を任されて2回4奪三振無失点と好投、抜群のコントロールと変化球を見せた。

 同志社大の柏原史陽投手も桐光学園時代から注目され、大学でも149km/hの速球を記録、スライダーのキレ味も素晴らしく良い時には15奪三振前後の快投を見せる。関西学院大の宇都宮健太投手も一昨年の明治神宮大会で中部学院大を相手に16奪三振を記録している。

 立命館大の桜井俊貴投手は昨年春に6勝を上げた。1シーズンで10試合1400球以上を投げた事から秋は疲労により本来の投球ができなかったが、侍ジャパン21U代表にも選ばれ期待は高い。

 近大は一昨年秋の出場停止があり投手の育成がやや遅れている。しかし187cmの左腕・越智洸貴投手、185cmから145km/hを投げる横垣勝太投手、そして美里工から伊波友和投手が加入するなど、素質の高い選手が多い。

 京都大は田中英祐投手が抜け苦しいものの、田中投手、冨田真吾投手を参考に後から続いて来る選手も出てきそうだ。

 

野手

 投高打低が続くリーグで、昨年秋もホームランはリーグ全体でわずか6本のみ、打撃10傑に入った選手ではホームランは0本だった。

 立命館大の山足達也選手は大学日本代表の常連となるほど、守備や走塁で期待をされ、関西大の西田尚寛選手が昨年秋は打率.429で首位打者、また秋に1年生ながら打率.409を記録した近大の小深田大翔選手も巧みなバッティングが光る。

 野手は全体的にパワーを付けて、各チームのエースを攻略する打撃を見せてほしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント