東海大菅生の145キロ右腕・松本健吾投手が亜細亜大からプロ目指す

東海大菅生, 松本健吾, 亜細亜大学

東海大菅生で、夏の甲子園で140キロ台のストレートで活躍を見せた松本健吾投手が、亜細亜大学の日の出寮に入寮した。「プロに行きたいです」と話し、甲子園出場を争った早稲田実の清宮幸太郎選手とプロで対戦するべく成長を誓った。

145キロ

松本健吾投手は179cm70kgの右腕で、昨年夏は西東京大会決勝で早稲田実に7安打5奪三振2失点で完投勝利して甲子園出場を決めた。清宮幸太郎選手には3打数1安打、三振は獲れなかった。

甲子園でエースとして初戦の高岡商戦で7安打7奪三振1失点で完投すると、準々決勝の三本松戦でも8回1失点の好投、準決勝の花咲徳栄戦では6回4失点で敗れたが、エースとしてチームを甲子園ベスト4に導いた。145キロの角度のある球とフォークボールが魅力の投手。

松本投手は「清宮のおかげで注目してもらえた。」と夏を振り返り、そして「大学トップの環境に身を置き、成長したいです。4年間で力をつけてプロに行って、次は三振を取りたいです」と目標を話した。

亜細亜大ではまず身体を作って70kgの体重を80kg台には乗せたい。そのうえで今の角度のある球のままで140キロ後半から150キロを記録できれば、4年後のドラフト会議での指名につながるだろう。フォークボールもあるが、大学では山崎康投手が投げていたツーシームの取得を目指す。「エースとして日本一になるのが目標。大学トップの環境に身を置き、成長したい」と話し、「プロに行きたいです」と力強く語った。

4年間で上昇カーブを描けいて成長していく姿を見たい。

2017年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

「清宮のおかげで注目してもらえた。大学トップの環境に身を置き、成長したいです。4年間で力をつけて、プロに行って、次は三振を取りたいです」と意気込んだ。

 


PAGE TOP