侍ジャパン大学代表、5戦目はサヨナラで勝利し2勝3敗で日米大学野球終える

侍ジャパン大学代表は、投手陣が15安打を浴びながら3失点に抑え、攻撃陣はわずか4安打だったものの4点を奪い、延長11回をサヨナラで勝利した。リリーフ陣が奮闘を見せた。

第5戦

初回に伊藤選手の2点タイムリー2ベースヒットが飛び出し、2点を先制したものの、先発の森下暢仁投手が2回に1点、4回に2点を奪われ、2-3と逆転される。しかし6回に相手のワイルドピッチで1点を奪い3-3の同点に追いついた。

試合はそのまま延長戦に入り、伊藤大海投手が3回を無失点と好投を見せると、11回、海野隆司選手の犠牲フライで1点を奪いサヨナラで勝利した。

1中 辰己 涼介 立命館大4年   3打数1安打
2遊 児玉 亮涼 九州産業大2年  3打数0安打
3左 逢澤 崚介 明治大4年    4打数0安打
4二 伊藤 裕季也 立正大4年   3打数1安打2打点
5一 佐藤 都志也 東洋大3年   3打数1安打
6捕 頓宮 裕真 亜細亜大4年   2打数1安打
  →藤野 隼大 立教大3年    1打数0安打
  →海野 隆司 東海大3年    1打数0安打1打点
7三 岩城 駿也 九州国際大4年  2打数0安打
  →上川畑 大悟 日本大4年   1打数0安打   
8右 米満 凪  奈良学園大4年  4打数0安打
9D 向山 基生 法政大4年    3打数0安打

P  森下 暢仁 明治大4年    5回10安打4奪三振3失点
P  田中 誠也 立教大3年    2回2安打1奪三振0失点
P  甲斐野 央 東洋大4年    1回1安打2奪三振0失点
P  伊藤 大海 苫小牧駒大2年  3回2安打4奪三振0失点

侍ジャパン大学日本代表(2018)選手一覧
侍ジャパン大学代表の日程


PAGE TOP