No Image
明治神宮大会が終了し、高校、大学、社会人の2018年の主な大会はすべて終わりました。今年の主な大会の優勝・準優勝などをまとめます。

No Image
侍ジャパン大学代表の合宿に参加するメンバーが発表されました。

No Image
10月19日よりコロンビア・バランキージャで開催される、第2回WBSC U-23ワールドカップに出場する侍ジャパンU-23代表の出場選手が決定しました。アマチュアからは社会人野球の5選手が選出されました。

No Image
週刊ベースボールでは、U18アジア選手権を戦った選手たちなど、ドラフトの「超高校級」の選手たちを特集しており、U18戦士の進路についても触れている。

小園海斗, 藤原恭大, 根尾昂

No Image
U18アジア選手権を終え、侍ジャパンU18戦士たちが、JAPANのユニフォームを脱ぎ、いよいよ進路について本格的に動き出す。根尾昂選手はプロで二刀流を目指すことを明らかにした。

吉田輝星, 金足農

No Image
U18アジア選手権は3位決定戦が行われ、侍ジャパンは中国に14-1で勝利して3位で終了し、来年、韓国で行われるU18W杯への出場を決めた。吉田輝星投手は進路についての明言はしなかったが、スポーツ報知ではプロ入りと1面で報じた。

根尾昂, 奥川恭伸

U18アジア選手権はこの日も雨天のため順延となり、今日、3位決定戦と決勝戦が行われる。

U18アジア選手権で決勝進出をすることは出来なかった。侍ジャパンU18代表にとって、いろいろな意味で大きな敗戦となった。

小園海斗, 藤原恭大, 根尾昂, 柿木蓮, 野尻幸輝, 吉田輝星

1次ラウンドの結果を受けて、侍ジャパンU18代表の永田監督は打順の入れ替えを示唆していたが、好調の藤原恭大選手を1番にし、2番・小園海斗選手、3番・根尾昂選手と、ドラフト1位候補トリオを並べることが濃厚となった。

No Image
侍ジャパンU18代表は、9月3日から宮崎で開幕する、BAF・U18アジア選手権に出場するが、25日より都内で合宿を行う。

スポンサーリンク
PAGE TOP