郡司裕也, 宇草孔基, 森下暢仁

No Image
東京六大学がいよいよ明日開幕する。明治大・森下暢仁投手、法政大・宇草孔基選手、慶応大・郡司裕也捕手は侍ジャパンU18代表で、そして今年の大学代表でもともに戦い、そして、最後の東京六大学の舞台での、ライバルとしての戦いとなる。

4月に代表候補合宿を行ってから、8月20日にメンバーが発表され、8月22日に顔を合わせた2019年の侍ジャパンU18代表、20日間の活動を終えこの日、解団した。成田空港に到着したナインは、それぞれの帰路に就いた。

奥川恭伸, 韮澤雄也, 西純矢

U18ワールドカップは台湾の優勝で幕を閉じた。侍ジャパンからは西純矢投手が2本塁打でホームラン王となり、カナダ戦で7回18奪三振を記録した奥川恭伸投手が先発投手で、一塁でフル出場し10安打を記録した韮澤雄也選手がベストナインに輝いた。

西純矢, プロ志望表明

No Image
今年の高校生投手のBIG4として注目され、侍ジャパンU18代表でも先発・リリーフ・外野手として活躍を見せた創志学園の西純矢投手、進路について様々な報道がされているが、スポーツ報知がプロ志望の意思を明かしたと報じている。

2019年のU18ワールドカップ、侍ジャパンは5位に終わり、最終日の順位決定戦に出場する事が出来なかった。どう戦ったのか個人的に振り返ってみます。

No Image
U18ワールドカップの戦いを終え、侍ジャパンU18代表は解散となる。帰国後、それぞれの道へ進んでいく。日刊スポーツでは代表選手の希望進路を掲載しています。

侍ジャパンU18代表は、今日の12時30分からオーストラリアとスーパーラウンドの3戦目を戦う。

佐々木朗希

佐々木朗希投手にとっては厳しい運命となった。満を持して韓国戦に先発をしたが、再発した血マメの影響で1回19球で降板した。

スポンサーリンク
PAGE TOP