上武大・ブライト健太選手が今大会2号ホームラン、スカウト評価急上昇

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

上武大のブライト健太選手が、この日の東農大北海道戦でレフトスタンドの上段に運ぶ特大のホームランを放った。視察したスカウトからは、「大学生トップクラスになった」と評価が急上昇している。

スポンサーリンク

人気が出てしまう

ブライト健太選手はこの日、2点を追う初回に1アウト1塁の場面で打席に入ると、レフト線へのタイムリー2ベースで追い上げの狼煙を上げ、この回3点を奪って逆転した。

そして4回、2ボールからのストレートを狙い撃ちすると、打球はレフトスタンドの上段へと飛び込んだ。プロでもめったに見られない神宮球場の特大のホームランだった。ブライト選手は、「ホームランは狙っていた。当たった瞬間、いったかなと思いました。みんなが笑顔で迎えてくれたのでうれしかったです」と話した。

今大会の初戦で、プロ注目の左腕・西日本工業大の隅田知一郎投手から値千金のホームランを放ち、この日もその長打力を見せた。

もともとは50m5.8秒の俊足に遠投100mの強肩など素材型として注目されていたが、今春のリーグ戦で3本塁打を記録すると、全国の舞台でも2本、それも特大の当たりを見せた。スカウトも注目していたものの、その評価は急上昇していると言って良い。

スカウトのコメントは次の通り。

オリックス・牧田編成副部長:「高校時代から見ていましたが人気が出てしまいますね。どの球団も一気に注目することになると思います。走攻守のレベルが高く、見たくなる選手。タイミングの取り方も柔らかく、リストも強い。自分のタイミングで打つことができるので、出塁率が高くなる。当然リストに入っています」

横浜DeNA・河原スカウティングディレクター:「すごい当たり。一気に注目が上がったんじゃないか」

中日・正津スカウト:「動きに無駄がなく、自分の間で打てている。上位候補」

またあるスカウトは「この大会で大学生のバッターではトップクラスになったんじゃないか」と話した。

ホームランを打てる右の大砲は、プロ球団側が探しているポイントでもある。チームからは昨年、4番を打った古川裕大選手は北海道日本ハムにドラフト3位で指名された他、関甲新リーグでは白鴎大の大山悠輔選手が2016年に阪神からドラフト1位指名されている。

ブライト選手もそういう選手の一人になった。ドラフト会議では右の大砲の獲得を目指す球団がドラフト2位くらいでの指名を狙ってくるのではないかと思う。

2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 視察したオリックス・牧田勝吾編成副部長はブライトについて「高校時代から見ていましたが(活躍で)人気が出てしまいますね。どの球団も一気に注目することになると思います」とドラフト戦線での評価を語った。大器の能力に関しては「走攻守のレベルが高く、見たくなる選手。タイミングの取り方も柔らかく、リストも強い。自分のタイミングで打つことができるので、出塁率が高くなる」と評し「当然(指名候補の)リストに入っています」と明かした。

注目度は急上昇だ。視察したDeNA・河原スカウティングディレクターは「(本塁打は)すごい当たり。(今大会で)一気に注目が上がったんじゃないか」と評価。貴重な右の大砲候補として、ドラフト戦線に名乗りを上げた。

本塁打は今大会2本目だ。ここまでの3試合、4番、1番、3番と変幻自在に起用に応えている。好調の要因を問われ「ボール球に手を出さず、見逃せている。だから、有利なカウントにもっていって、甘い球を振ることができる」と分析した。大会前、谷口英規監督(51)から「テークバックの“割れ”を大きく取るように」言われたのがきっかけだった。歩きながらの素振りを繰り返し、打撃の間を取れるようになった。その結果、ボール球に手を出さずに済んでいる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント