関学大・黒原拓未投手が5回4失点、3人態勢視察の阪神は評価揺るがず

大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

関西学院大の151キロ左腕・黒原拓未投手が、東京六大学王者の慶応大戦で先発したものの、5回までに4失点と本来の投球ができなかった。それでも3人態勢で視察した阪神スカウトは評価は揺るがない。

スポンサーリンク

149キロ記録も

松山大戦で7回1失点の投球をしてから中1日での登板、大学のリーグ戦であればよくあることで、関西学生リーグでも経験をしていることだが、この日の黒原拓未投手は球が高めに浮き、制球に来るしんだ。

初回は味方のエラーがらみで2失点すると、5回には1アウトから四球とヒットで満塁となり、プロ注目の正木智也選手に押し出しの死球、福井章吾選手に犠打を浴びた。最速149キロを記録し、打たれての4失点ではなかったものの、5回5安打3四死球で4失点、試合後には「立ち上がりが悪かった。抜け球も多く、まだまだだなと思いました」と話した。

それでも評価は揺るがない。阪神はこの日も3人態勢で視察したが、畑山統括スカウトは「完全に圧倒されたわけではない。直球も変化球も、両コーナーにきっちり制球できる投手」と評価した。リーグ戦でのピッチングより、今大会はやや調子を落としている印象で、今大会で評価が下がるということは無いだろう。

しかし、今年は大学生左腕投手に好投手が多く、筑波大・佐藤隼輔投手を筆頭に、新潟医療福祉大の桐敷拓馬投手、創価大の鈴木勇斗投手、法政大の山下輝投手、そして今大会で評価をされた西日本工業大の隅田知一郎投手などがいる。秋はこれらの左腕投手を比較してランク付けしていくことになりそうだ。

秋に向けて黒原投手は「一番じゃなければ何番でもいっしょ。一からやり直します」と話した。秋には大学生左腕NO.1となって、ドラフト会議を迎えたい。

2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ただプロのスカウトの評価は揺るがない。3人態勢で視察した阪神の畑山俊二統括スカウトは「完全に圧倒されたわけではない。直球も変化球も、両コーナーにきっちり制球できる投手」と素質を高く買う。今年は大学生左腕に好素材が多く、筑波大・佐藤隼輔、法大・山下輝、西日本工大・隅田知一郎らとの比較になりそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント