中央学院大・古田島成龍投手・山崎凪投手が国際武道大に勝利、2球団スカウト視察

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

中央学院大の古田島成龍投手と山崎凪投手がリレーし、強豪の国際武道大に2-1で勝利した。この試合には2球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

無理だったら仕方ないので

大学4年生秋、集大成となるリーグ戦で中央学院大の古田島成龍投手は、何度も対戦してきた強豪の国際武道大との最後の対戦に挑んだ。

最速151キロの速球がプロから注目されるが、「真っすぐがいつもより走っていた。どんどん押していけた」と話し、8回3安打1失点と春の覇者を押し切った。9回からはこちらも149キロの速球が注目される山崎凪投手が登板すると、「腕を振って投げられた」をフォークボールを駆使し、タイブレイクの10回も含めて、2回1安打無失点と抑えた。

試合は10回裏のタイブレイクで1点を奪ってサヨナラで勝利した。

二人はプロも注目しているが、この日は2球団のスカウトが視察した。ドラフト会議に向けて山崎投手は「こればかりはわからない。無理だったら仕方ないので」と話すと、古田島投手も「今はチームを勝たせる投球をすることしか考えてないです」と話した。

4年間を振り返り山崎投手は「全部が良くなった。ちゃんとピッチャーになれた」と話すと、古田島投手も「真っすぐの切れが上がった。今季は真っすぐを打たれての長打が1本もない」と話す。集大成のリーグ戦は10月10日に最終日を迎え、翌日の11日のドラフト会議へ臨む。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年大学生プロ志望届提出選手一覧
2021年の大学生のプロ志望届提出選手の特徴を簡単に紹介します。9月27日までに合計139名になりました。

プロ注目投手2人のリレーで強敵を下した。中央学院大のMAX151キロ右腕・古田島成龍(4年)が「真っすぐがいつもより走っていた。どんどん押していけた」と今春優勝の国際武道大に対し、8回3安打1失点の好投。後を受けたMAX149キロ右腕・山崎凪(4年)も「腕を振って投げられた」と自慢のフォークを武器に2回1安打無失点。サヨナラ勝ちにつなげる投球で、視察に訪れた2球団のスカウトへアピールした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント