九州産業大に8球団が視察、渡辺翔太投手に12球団、野口恭佑選手に4球団が調査書

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

九州産業大が九州大学選手権で西日本工業大と対戦し、プロ注目の渡辺翔太投手、野口恭佑選手が活躍を見せた。

スポンサーリンク

8球団視察

この日の試合には8球団のスカウトが集まった。侍ジャパン大学代表を経験し、12球団から調査書が届いている渡辺翔太投手が先発すると、最速148キロの速球と「パームボールが決まって三振が取れました」と得意の小さく抜けて沈む球を使い、6回3安打6奪三振無失点の安定した投球を見せた。

今季は恥骨の疲労骨折の影響で力を出せずに、リーグ戦も3位に終わった。それでも「けがも順調に回復している。下半身もトレーニングも出来た」と、明治神宮大会出場に3位からの下剋上を目指すため、この日の登板に合わせて調整をしてきたという。

またこの日は、4球団が興味を示しているという野口恭佑選手も1番で5打数4安打を撃ちまくり、7回には満塁ホームランも放った。「打った瞬間、行ったと思った」と話す。

プロ志望届を提出し指名を待つ2人の活躍に、8球団のスカウトがどのように評価したのか注目される。

鹿屋体育大の2人は調査書届かず

また、この大会に出場をしている鹿屋体育大からも松本虎投手と古殿聖月投手がプロ志望届を提出しており、この日の福岡工大戦で先発した古殿投手は味方のエラーも絡んで4失点、松本投手は8回に登板して1回をノーヒット2奪三振に抑えた。

二人とも、プロ球団から調査書は届いていないというが、試合に敗れてこれが大学最後の試合となり、あとはドラフト会議での指名を待つ。

2022年大学生プロ志望届提出選手一覧
2022年の大学生のプロ志望届提出選手の特徴を簡単に紹介します。10月6日に3名が掲載され、合計187名となりました。
2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

九産大の2人プロへアピール ー 西日本スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント