早大・蛭間拓哉選手が足で勝利に貢献、1位指名公表の西武「三拍子にプラス何拍子もある」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

東京六大学リーグでは早稲田大が立教大と対戦し、埼玉西武がドラフト1位指名を公表している蛭間拓哉選手は、足で立教大の荘司康誠投手から勝利を掴んだ。

スポンサーリンク

何拍子も

蛭間拓哉選手はこの日、3打数ノーヒットだったものの、2回には先頭打者で四球で出塁すると、犠打で二塁に進み、続く打者のセンター前ヒットで50m5.9秒も足をい化してホームに突入、ヘッドスライディングで生還した。

埼玉西武が1位指名を公表したことについて、「率直にうれしい気持ち。どこの球団に選ばれても、やることは変わらない。評価していただいたことをうれしく思います」と話す。

今季は打率が.115と苦しんでいるが、この日、視察した埼玉西武の潮崎編成グループディレクターは「この数字を気にしていたら1位じゃない。全力プレーから見える人間力に頭の柔らかさもある。打てる野手として長く活躍できる選手。能力を評価している。足が速いし肩も強い。人間性もよく3拍子にプラス何拍子もある。リーダー的な部分も期待しています」と話し、走攻守の三拍子だけでなく、リーダーシップや性格など、何拍子もある選手と評価した。

試合は延長戦で4-2で勝利し優勝に望みをつなげた。プロ入りが確実となった今、大学最後のリーグ戦で優勝を手にして終わりたい。

2022年ドラフト指名予想
 2022年ドラフト指名予想です。
2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
早大延長戦制し立大に先勝 西武1位指名公言の蛭間拓哉が気迫の先制ホーム「全力で走りました」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
早大が、延長戦の末に4-2で立大に先勝した。優勝のためには1敗もできないカードで、小宮山悟監督(57)は「非常にいい戦いができた。学生の働きに感心している。負… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

西武の公言については「率直にうれしい気持ち。どこの球団に選ばれても、やることは変わらない。評価していただいたことをうれしく思います」。今秋は打率1割1分5厘と苦しんでいるが、視察した西武潮崎編成グループディレクターは「能力を評価している。足が速いし肩も強い。人間性もよく(走攻守の)3拍子にプラス何拍子もある」と話した。

西武から1位指名公表、早大・蛭間「実力不足」3の0 それでも球団の評価不動 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 1回戦2試合が行われた。西武がドラフト1位指名を公表した早大・蛭間拓哉外野手(4年)は立大戦に「4番・中堅」で出場も3打数無安打で打率.115。チームは延長10回の末に4―2で勝利し優勝に望みをつないだ。
【大学野球】早大・蛭間拓哉が西武がドラフト1位指名公表後初の試合「評価してもらえたのはうれしいです」
 20日のドラフト会議で西武が1位指名を公表している早大・蛭間拓哉外野手(4年=浦和学院)は3打数無安打に終わったものの、好走塁で先制のホームを陥れるなど勝利に貢献した。2回の第1打席、四球で出塁して
西武がドラ1位公言 早大・蛭間が快足魅せた ヘッスラ先制ホームで流れ作る/デイリースポーツ online
 「東京六大学野球、早大4-2立大」(15日、神宮球場) 1回戦2試合が行われ、早大は立大との接戦を制した。西武がドラフト1位指名を公言している蛭間拓哉外野手(4年・浦和学院)は3打数無安打1四球。快音は響かなかったが、先制のホームを踏み流れを作った。勝ち点3同士の直接対決では、慶大が明大を6-3で破って先勝した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント