プロ注目捕手、上武大の進藤勇也捕手「ドラフト上位でのプロ入り」

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

上武大が今年の初練習を行い、プロが注目する強肩捕手・進藤勇也選手がプロ入りへの思いを語った。また島村大樹選手と、投手の紫藤大輝選手もプロ志望を表明し、島村選手は二刀流に挑戦する。

スポンサーリンク

プロ入り

進藤勇也選手は今年の目標を、「チームの日本一」と「ドラフト上位でのプロ入り」とした。昨秋は3年生ながら主将としてチームを率い、リーグ戦で優勝して明治神宮大会にも出場した。しかし、準々決勝の名城大戦で敗れ、「本気で4年生と狙っていただけに、悔しさはそれまでになく大きかった」と話した。

そのために、「数字にこだわる」とし、「今までを、さらに上回る数字を残したい。そうでなければ、上にもつながらないですからですから」と話し、チームのためにも自分のためにも、昨秋の打率.364、4本塁打を上回ることを誓った。

「広角に打てる打撃と、肩の強さが一番のアピールポイントです」と話す。そして「バッティング、スローイングの動きに柔軟性を持たせること」と今年の課題として取り組んでいる。そして、「プロを目標にやってきた。いい選手が多いなかでも上を目指したい」とドラフト上位指名に照準を合わせた。

二塁送球1.8秒の肩で、その送球は他の選手に比べて群を抜いている。そのスローイングをモーション全体で更に速くし、進藤選手が捕手にいる間は絶対に走れないというような、絶対的な捕手になりたい。

紫藤投手、島村選手もプロ志望

また、この日はショートの島村大樹選手と、投手の紫藤大輝選手もプロ志望を明らかにした。島村選手は「高校では最速140キロ中盤。大学では投げていないが、今年は投手にも挑戦したい」と話し、投手と遊撃手の二刀流に挑戦する。大宮東で同級生だった冨士隼斗投手が平成国際大で155キロを記録する投手に成長し、「自分も二刀流に挑戦したい」となったという

また紫藤投手は昨年12月に右足首を手術したが、「不安はない。今年はピッチャーの先頭に立ちたい」と話した。

2023年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
上武大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】 強打強肩の上武大・進藤勇也捕手「日本一とドラフト上位指名を目指す」
 関甲新学生リーグを5連覇中の上武大が11日、群馬・伊勢崎市の同校グラウンドで全体練習をスタートさせ、今秋ドラフト上位候補の進藤勇也捕手(3年=筑陽学園)が「チームの日本一」と「ドラフト上位でのプロ入
上武大・進藤勇也 目標は日本一と上位指名「数字にこだわりたい」/デイリースポーツ online
 関甲新学生野球リーグの上武大が11日、群馬県伊勢崎市の同大学グラウンドで全体練習を開始した。今秋ドラフト候補に挙がる進藤勇也捕手(3年・筑陽学園)はチームの目標に日本一を掲げ、個人としては「行くからには上で行きたい。今年は勝負。今までの数字を上回らないと上につながらないので数字にはこだわりたい」とドラフト上位指名を狙...
今秋ドラフト候補の上武大・進藤が1位指名宣言「いくからには上でいきたい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 関甲新学生野球リーグの上武大が11日、群馬県伊勢崎市のグラウンドで始動。今秋ドラフト1位候補で主将も務める捕手の進藤は「目標はプロだが、いくからには上(1位指名)でいきたい」と宣言した。
上武大の進藤、紫藤、島村がプロ志望明言 島村は二刀流挑戦へ/関甲新学生
関甲新学生野球の上武大は11日、群馬・伊勢崎市のグラウンドで全体練習を開始し、大学ナンバーワン捕手として注目の進藤(しんとう)勇也主将(3年、筑陽学園)、最速1…
上武大が練習始め 島村大樹、大学で内野手転向も最終学年で投手復帰し二刀流挑戦 - アマ野球 : 日刊スポーツ
関甲新大学野球リーグの上武大が11日、群馬・伊勢崎市内の同大グラウンドで練習始めを行った。島村大樹内野手(3年=大宮東)は「投手としてどこまでできるかわかりま… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
3年夏から主将の上武大・進藤勇也捕手「今年が勝負」ドラフト上位指名へ日本一宣言:中日スポーツ・東京中日スポーツ
関甲新学生野球でリーグ5連覇中の上武大で、昨夏から主将を務める今秋ドラフト上位候補の進藤勇也捕手(3年・筑陽学園)が11日、群馬県伊勢...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント