早大・有原航平投手が今季3勝目!杉山翔大選手がホームラン!

早大, 有原航平, 杉山翔大

 東京六大学の早大vs立大では早大の2年生・有原航平投手が初回と2回にソロホームランを浴びて2失点と不安定な立ち上がりを見せる。しかし徐々に立ち直るとストレートも140km中盤を記録し、その他には1安打しか許さないピッチングで8回を3安打7奪三振無四球、2失点という内容で勝利を収めた。これで今季3勝目。

 打線では4番・杉山翔大選手が今季2号(通算9号)となるホームランを放つと、その後、有原投手の勝ち越し2点タイムリーなどで逆転勝利を挙げた。

 立大はエース・小室正人投手が粘りきれず5回2/3で7安打4失点で降板した。小室投手はドラフト候補の左腕だったがプロ志望届けは出していない。

  1回戦2試合が行われた。第1試合では早大・有原航平投手(2年)が8回2失点で今季3勝目をマーク。6回には自らが決勝打を放ち、立大を4―2で下した。第2試合では東大が先発全員安打をマークするなど、慶大相手に5―5で引き分けた。

 

 今季から先発に転向した早大・有原が、苦しみながらも3勝目を挙げた。3回までに2本塁打を許したが、その後は8回まで無失点で切り抜け「打たれたことは忘れて、0点でいこうと思いました」と汗を拭った。同点の6回2死満塁では中前に2点タイムリーを放ち「バッティングはたまたまです」と照れた。岡村猛監督は「有原が投げて打って、1人でシナリオを書いた」と称えていた。


PAGE TOP