大阪桐蔭・松尾汐恩選手が特大場外弾、オリックス・DeNA・ソフトバンクスカウトが評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

春季近畿大会の1回戦では、センバツ優勝の大阪桐蔭が和歌山商と対戦し、松尾汐恩選手の特大の場外弾などで9点を奪ってコールド勝ち、公式戦連勝を28に伸ばした。

スポンサーリンク

力を入れなくても飛んでいく

この試合の初回、1アウト1塁の大阪桐蔭の攻撃の場面で、プロ注目の捕手・松尾汐恩選手が打席に入ると、和歌山商の変速投手の110キロの球を振り抜いた。力を入れて振り抜いた感じではなかったが、打球は紀三井寺のレフトの防球ネットを越え、その先の民家の玄関のフェンスを直撃した。

かつて、中田翔選手が2006年に推定160mのホームランを放ち、それをきっかけにレフト側に設けられた防球ネットを越し、近隣に住む人も「30年近く住んでいて、ここまで飛ばすのは高校野球では記憶にない」と話す。松尾選手のパワーがあらためて証明された形となった。

これで高校通算26号ホームラン、この日は3安打を記録し、4回にはヒットで出塁すると、次の打者のレフトフライで果敢に二塁へタッチアップをした。守備でも7回にキャッチャーからショートに入り、あらゆる能力を見せた。

この日はオリックス、横浜DeNA、福岡ソフトバンク、阪神など7球団のスカウトが視察し、評価している。

オリックス・谷口スカウト:「甘い球をしっかり1球で仕留められている。力を入れなくても飛んでいく印象」

横浜DeNA・安部スカウト:「スイングにキレがあり、インパクトの強さがある」

福岡ソフトバンク・稲嶺スカウト:「打撃はもちろん、肩も魅力。フットワークも軽く、新しいタイプの捕手」

打撃、足に、捕手や遊撃手として守りのできる松尾選手、さまざまな付加価値があり、高く評価される要素を持っている。ドラフト会議では上位指名の可能性も十分考えられる。

2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-近畿のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
大阪桐蔭・松尾汐恩、場外に通算26号「あんまり打球見なくて…」3安打で公式戦28連勝に導く - 高校野球 : 日刊スポーツ
<高校野球春季近畿大会:和歌山商0-9大阪桐蔭>◇22日◇1回戦◇和歌山・紀三井寺運動公園野球場今春のセンバツを制した大阪桐蔭が公式戦の連勝を28に伸ばした。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

紀三井寺の左翼場外弾は強打捕手の証だ。昨年4月、現ロッテの市和歌山・松川が大アーチ。この日も多くの人が驚いた。オリックス谷口スカウトが「力を入れなくても飛んでいく印象」と舌を巻けば、DeNA安部スカウトも「スイングにキレがあり、インパクトの強さがある」と評する。近隣に住む女性も「30年近く住んでいて、ここまで飛ばすのは高校野球では記憶にない」と目を丸くした。

大阪桐蔭が公式戦28連勝 ドラフト候補松尾汐恩が民家に飛び込む先制場外2ラン - 高校野球 : 日刊スポーツ
今春センバツ優勝校の大阪桐蔭が14安打9得点の7回コールド勝ちで、公式戦28連勝に延ばした。大会初戦を大勝。西谷浩一監督(52)は「アンダースローで変則の投手… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
“中田級パワー”大阪桐蔭・松尾が場外弾「ライナーを伸ばすイメージで打てた」チームは公式戦28連勝 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 近畿大会は1回戦2試合が行われ、今春選抜優勝の大阪桐蔭が今秋ドラフト上位候補・松尾汐恩(3年)の場外弾などで7回コールド勝ち。同準優勝の近江(滋賀)も投打がかみ合い快勝した。両校は28日に予定される準決勝で、選抜決勝以来の再戦となる。

相手先発の木村健太郎(1年)は右下手投げの軟投派。惑わされず、カウント2-0から107キロの遅球を完璧に捉えた。火のついた打線は2回までに大量6得点を奪い、公式戦28連勝。OBでもあるオリックスの谷口悦司スカウトも「甘い球をしっかり1球で仕留められている」とうなった。

大阪桐蔭が快勝 今秋ドラフト候補・松尾が場外弾含む3安打2打点/春季近畿大会
高校野球春季近畿大会(22日、大阪桐蔭9-0和歌山商、七回コールド、紀三井寺)1回戦が行われ、大阪桐蔭(大阪)が和歌山商(和歌山2位)に快勝し、昨秋からの公式戦…

ネット裏には阪神を含め、複数球団が視察に訪れていた。ソフトバンク・稲嶺スカウトは「打撃はもちろん、肩も魅力。フットワークも軽く、新しいタイプの捕手」と高評価を示した。

【高校野球】大阪桐蔭・松尾汐恩“中田ネット”越え場外弾 準決勝で近江を返り討ちだ
 今春センバツ優勝の大阪桐蔭と準優勝の近江(滋賀)が初戦を突破し、準決勝(28日)で激突する。近江は今秋ドラフト候補の“二刀流”山田陽翔(はると、3年)が先発し、6回1安打無失点。打っても決勝二塁打を
【高校野球】大阪桐蔭の今秋ドラフト候補・松尾汐恩が130メートル場外弾「変則だからといって意識せず…」
 今春センバツ王者・大阪桐蔭が和歌山商を7回コールドで破り、準決勝に進出。今秋ドラフト候補の松尾汐恩捕手(3年)は場外2ランを放つなど3安打2打点をマークした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント