近江・山田陽翔選手が6回1安打無失点&決勝二塁打、7球団視察しソフトバンク・日本ハムなど評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

春季高校野球近畿大会では、センバツ準優勝の近江が奈良大付と対戦し、プロ注目のエースで二刀流の山田陽翔選手が投打に活躍を見せた。この試合は7球団のスカウトが視察し、福岡ソフトバンク・北海道日本ハムのスカウトが評価している。

スポンサーリンク

二刀流

この日、4番投手で出場した山田陽翔選手は、投げては最速146キロを記録したストレートと変化球を巧みに織り交ぜ、打たせてとる投球で6回1安打無失点に封じた。

また、打撃では2アウト1塁の場面でインコースのストレートを強心し、左中間を抜ける先制のタイムリー2ベースヒットを打ち、これが決勝点となった。

元々、7回から星野投手に継投するプランだったが、6回で70球と球数も少なく、多賀監督は「もう1回いくか?」と聞くと、「いえ、7回から星野で行けます」と話した。主将としてチームの投手力アップも目指しており、左腕の星野投手の機会を多くした。星野投手も3回を無失点に抑え結果を出した。

この試合には巨人、阪神、オリックス、横浜DeNA、福岡ソフトバンク、北海道日本ハムなど7球団のスカウトが視察した。

福岡ソフトバンク・稲嶺スカウト:「動くツーシームが良い。投手から周りも動かしていて、気持ちも強い」

北海道日本ハム・武部スカウト:「しっかりバットが振れてパンチ力もある」

投打に評価されており、共に今年の高校生でトップクラスと評価されていると見られる。

次戦は大阪桐蔭と対戦する。センバツの決勝では山田投手が投球が多くなっていて本調子ではなく、1−18の大差で敗れた相手だった。しかし、昨年夏の甲子園では勝利をしており、山田選手は「今は1勝1敗。3戦目で勝ち越せるようにしたい」と話した。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-近畿のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】近江・山田陽翔6回0封&決勝打 準決勝で大阪桐蔭にセンバツ決勝の雪辱だ
 今春センバツ優勝の大阪桐蔭と準優勝の近江(滋賀)が初戦を突破し、準決勝(28日)で激突する。近江は今秋ドラフト候補の“二刀流”山田陽翔(はると、3年)が先発し、6回1安打無失点。打っても決勝二塁打を

巨人、阪神など7球団のスカウトが視察。ソフトバンクの稲嶺スカウトは「動くツーシームが良い。投手から周りも動かしていて、気持ちも強い」と投球を評価した。

山田陽翔が投打で引っ張り近江完勝「腹をくくっていきます」次戦はセンバツで大敗の大阪桐蔭 - 高校野球 : 日刊スポーツ
近江(滋賀)は山田陽翔投手(3年)の投打にわたる活躍で完勝した。28日の準決勝では大阪桐蔭と戦う。大敗したセンバツ決勝のリベンジに臨む。「4番投手」で出場した… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
山田6回0封&V打で近江が準決勝進出 28日に今春選抜決勝以来となる大阪桐蔭と再戦 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 近江(滋賀)が奈良大付に快勝。準決勝に進んだ。
近江 プロ注目・山田投打の活躍で初戦快勝 28日準決勝へ/デイリースポーツ online
 「春季高校野球近畿大会・1回戦、近江6-0奈良大付」(22日、紀三井寺公園野球場) 1回戦2試合が行われた。今春センバツ準Vの近江はプロ注目右腕・山田陽翔投手(3年)が、6回を投げて1安打無失点&先制打と奮闘して初戦突破。28日の準決勝では、センバツ決勝で戦った大阪桐蔭と対戦し、リベンジを狙う。一方の大阪桐蔭は打線爆...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント