楽天3位、ENEOS・藤井聖投手は6回途中3安打7奪三振1失点

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

東北楽天がドラフト3位で指名した藤井聖投手は、都市対抗のHonda戦で6回途中まで1失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

いざ同級生の待つプロへ

藤井聖投手はこの日、都市対抗2回戦の強豪Honda戦で先発すると、5回2/3を投げて3安打7奪三振1失点に抑える好投を見せた。最速は145キロ、5四死球だった。1−0のまま試合が進み、6回には同点においつかれ、その後、タイブレークで敗れた。「素直に残念。優勝を置き土産にできなかった」と話した。

藤井投手は東洋大時代に甲斐野投手、梅津投手、上茶谷投手といった150キロを超す球を投げる右腕投手陣と同学年で、左から150キロを記録する投手として注目された。3人がプロへ進む中で藤井投手は社会人野球入り、今年は肘の故障に悩まされるなど順風満帆とは行かなかったが、「1球に対する執念、細かいたくさんのことを社会人野球で感じた。プロに生かしたい」と、2年間で貴重な経験をした。

この経験を活かし、すでに活躍している3人のいる舞台へと登る。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
2021年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
楽天3位ENEOS・藤井 プロ入り前最後の公式戦は無念「優勝置き土産にしたかった」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 ENEOSは延長10回タイブレークの末に逆転サヨナラ負けを喫し、14年以来の8強進出は果たせなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント