巨人ドラフト4位、ENEOS補強の伊藤優輔投手が東京ドームで156キロ記録

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人がドラフト4位で指名した、三菱パワーの伊藤優輔投手が、都市対抗野球本戦でENEOSの補強選手として登板し、最速156キロを記録した。

スポンサーリンク

156キロ

伊藤優輔投手は小山台高から中央大を経て三菱パワーに進み、今年夏に最速155キロを記録するなど注目された投手。ドラフト会議では、直前の都市対抗2次予選で思うような投球ができなかったこともあり4位指名となったが、ドラフト上位候補として名前も挙げられていた。

この日は7回から登板をすると、2アウト後に千野選手の打席で低めに156キロを記録、その前にも155キロを記録するなど、150キロ中盤のストレートを投げた。「ストレートも走っていたし、自信を持って投げられた。球速は肩書についてまわるものなので、最速を大舞台で更新できてすごく良かった」と話した。

それでも今年はまだ投球にまとまりが無く、7回は千野選手と吉田選手に四球を与えてピンチを招くと、8回も先頭打者に内野安打を許し、2塁に送られてからヒットを許した。ともに得点は許さなかったものの、タイブレークの10回、1アウト満塁から逆転の2ベースヒットを浴びてサヨナラ負けとなった。「外しにいったのが中に高く入ってしまった。一番失投してはいけない場面でそれが出たことが悔しい」と話した。

昨年の日本選手権では、ストレートも変化球もコントロールされており、150キロ台も記録していて、プロの投手が投げているような感じだった。今年はパワーアップをしたせいか、まだフォームにばらつきがある。

しかし、156キロの球を手にしたことは大きく、この体でフォームを固めてゆけば、かなりすごい右腕投手となりそうだ。来年から本拠地となる東京ドームのマウンドも、「すごく投げやすかった。硬いマウンドの方が好きなので」と話した。

伊藤投手は「プロで活躍して、自チームの選手にもエネオスの方々にも活躍している姿を見てもらいたい」と前を向いた。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
巨人4位の伊藤優輔、最速更新156キロもサヨナラ負け…東京ドームは「すごく投げやすかった」
 巨人からドラフト4位で指名されたENEOS(横浜市)の伊藤優輔投手(23)=三菱パワーから補強=が、最後に力尽きた。同点の7回から登板。自己最速を3キロ更新する156キロを計測したが、タイブレークで
巨人4位伊藤の最速156キロにスタンドどよめく - アマ野球 : 日刊スポーツ
来季の本拠地で一足先に剛腕を発揮した。ENEOS(横浜市)は、延長10回タイブレークで敗れたが、巨人からドラフト4位で指名された三菱パワーからの補強選手、伊藤… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
巨人ドラ4のENEOS・伊藤 自己最速156キロも…痛恨の一球「2ストライクで気が緩んだ」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
  痛恨の一球だ。ENEOSの補強選手・伊藤が7回から救援登板。タイブレークに入り、2―1の延長10回1死満塁から逆転サヨナラ打を浴びた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント