NTT西日本・大江克哉投手が151キロで6回2/3を3安打1失点、ドラフト上位候補の力を証明

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

NTT西日本で、今年のドラフト会議で上位指名候補だったものの指名漏れとなっていた大江克哉投手が、最速151キロを記録し好投を見せた。

スポンサーリンク

ドラフト指名漏れ

NTT西日本はこの日、来年のドラフト候補左腕での森翔平投手(三菱重工神戸・高砂)が先発したものの、1回2/3で6安打2失点と精細を欠いた。そして登板したのが、今年のドラフト会議で上位候補にも名前が挙がったものの指名漏れとなっていた大江克哉投手だった。

大江投手は最速151キロの速球を軸にテンポよく投げると、7回までを無失点と安定した投球を見せた。8回にホームランで1失点をしたが落ち着いて抑え、7回1/3を3安打2奪三振1失点、7-3の勝利に貢献した。

大江投手は1回戦で登板がなく、「投げたい気持ちが初戦から強かった。強い球を投げて、テンポをつくっていけたらと思っていた」と話す。ドラフト会議から約1ヶ月が経ち、来年に向けた好投を見せた。

都市対抗野球(2020)7日目の対戦カードと注目選手
都市対抗野球本戦。7日目は2回戦3試合が行われます。対戦カードと注目選手の一覧です。
2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【都市対抗野球】NTT西日本が2年連続8強 ドラフト指名漏れの大江克哉が初救援で151キロ
 6年連続31度目出場のNTT西日本(大阪市)が、5年連続25度目出場のホンダ鈴鹿(鈴鹿市)を破り、2年連続で8強入りした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント