明治大・上原健太投手に巨人など8球団スカウト視察

大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 東京六大学の明治大vs東京大の試合では、ドラフト1位候補の190cm左腕・上原健太投手が予定通り2戦目で先発し、5回を3安打8奪三振で無失点に抑えた。この試合には巨人など8球団のスカウトが視察に訪れた。

8球団スカウト

 3月に左人差し指に裂傷を負い調整が遅れていた上原健太投手、エースとなる今年のピッチングに注目が集まるが、この日は先発すると最速は144km/hも、スライダー、スプリット等の変化球が低めに決まり、東大打線を5回まで3安打8奪三振に抑えた。四死球は2つだった。

 上原投手は状態について「気持ち的にはまだ万全ではない。直球が走っていない」と話しながらも、それが幸いしてか丁寧なピッチングで抑えていった。

 この日は福岡ソフトバンクや巨人のスカウトなど8球団のスカウトが視察に訪れ、巨人は4人態勢で視察した。山下スカウト部長は「今日は本来の出来ではないが、タイプとしては先発完投型、ローテーションに入る力がある」と話した。またドラフト1位指名濃厚の広島・苑田スカウト部長は「腕の振りは良くなってきている」と状態が上がってきていることを評価した。

 馬力もあり、軽く投げても怖さを感じるフォームがある上原投手、最速は151km/hを記録するが、力で押すというよりは丁寧に低めに球を集めて抑えるタイプで、プロでは内海投手のような好投手タイプになる可能性がある。リーグ戦でも圧倒的に三振を奪うというよりは、打たせて取り防御率のタイトルを獲る投手だ。

 タイプとしては先発型だが、先発としてまだ素質に見合うような結果を残せていない上原投手、このシーズンで結果を残してプロでも1年目から先発で10勝できる投手になってほしい。

 

高山俊選手はノーヒット

 一方、外野手でドラフト1位候補の高山俊選手はこの日はノーヒットに終わり、この2戦で7打数1安打に終わった。投手では2年目の水野匡貴投手が2回を1安打無失点、1年目で春日部共栄高校出身のルーキー・金子大地投手が1イニングをノーヒット1奪三振、154km/h右腕で来年のドラフト候補・星知弥投手は1安打を許すも2奪三振で無失点に抑えた。

 

慶大は逆転負け

 またこの日行われた法政大vs慶応大の試合は、慶応大が3-1とリードして9回裏を迎えたが、9回に満塁の場面で法大の一塁手・柴田圭輝選手のタイムリーヒットを、慶大の谷田成吾選手が後ろにそらし、3人の走者がホームに還って3-4で逆転サヨナラ負けを喫した。

 谷田選手は号泣してベンチに戻った。この日は4打数1安打、これから成長していけばいい。横尾俊見選手は2打数ノーヒット、四死球を3つ与えられた。

 法政大は1年生の中村浩人選手がこの日もマスクをかぶり、先発した2年生の熊谷拓也投手などをリードした。9回にリリーフした2年生の宮本幸治投手が勝利投手となった。

2015年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト

2015年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

2015年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

 先発のドラフト1位候補、上原健太投手(4年=広陵)は、5回3安打8奪三振で無失点に抑え、初勝利を挙げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント