早大、柳沢一輝投手が150km/h救援で4回無失点、佐藤晋甫選手が3安打4打点

大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

 東京六大学新人戦、早稲田大は4番手で登板した柳沢一輝投手が最速150km/hを記録する速球で4回を無失点に抑え、その好投にチームも終盤に4点を奪い逆転勝利した。

150km/h右腕・柳沢一輝投手

 柳沢一輝投手は広陵高校出身、早稲田大では有原航平投手、丸子達也投手、と広陵出身者が活躍を見せている。柳沢投手も高校時代に捕手兼投手という変わった二刀流だったが、マウンドで150km/hを記録するなど、力のある球に注目されていた。

 大学では1年目の秋に6試合に登板するなどリリーフとして起用されたが、この春は登板が無かった。しかしこの日は4回を投げて最速は150km/hを記録し、4回を1安打4奪三振で無失点に抑える好投を見せ、故障だったり調子を崩している感じではないようだ。

 東京六大学では立教大の沢田圭佑投手や、慶応大の加藤拓也投手が1年生から力があると見るや、先発、リリーフで獅子奮迅の働きを見せる。反面、沢田投手はこの春は球のキレが無くなっており、加藤投手も140km/h後半の速球を見せるものの、やや疲労があるようなピッチングなりつつある。

 今年から就任した高橋広監督が柳沢投手をどのように育てるかに注目される。

 

瀬戸内高出身の佐藤晋甫選手

 また早大は4番ファーストに入った佐藤晋甫選手が、1回にソロホームランを放つと、4打数3安打で4打点と大活躍を見せた。佐藤選手は昨年秋の新人戦でも5番ファーストで出場し、4打数3安打2打点を記録していた。しかしこの春はベンチ入りもしていない。

 瀬戸内高校時代は東京ガスでエースとなった山岡泰輔投手などと共に甲子園に出場し、4番ファーストとして高校通算20本塁打を記録している。175cm85kgというどっしりとした体格から鋭いスイングを見せる佐藤選手、六大学を代表するスラッガーになってほしい。

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2点ビハインドの6回から登板し、「流れを変えることを意識した」。7回2死にMAX150キロの直球で空振り三振を奪い、直後の味方の3得点を呼び込んだ。8回に内野安打と2四球で2死満塁を招いたが、後続を三飛にねじ伏せた。

 瀬戸内(広島)出身の早大2年生・佐藤晋が神宮初アーチを放った。2回先頭で初球を強振し、先制の左越えソロ。今春リーグ戦ではベンチ入りも出番がなく「悔しさをぶつけられた。凄く自信になった」と喜んだ。高校時代は通算20本塁打。同学年には東京ガスの右腕・山岡がおり「結果を出しているし、負けられない」と言う。リーグ戦では6季ぶりに優勝。「新人戦も優勝したい」と力強く誓った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント