関西大3年・高野脩汰投手が立命大を12K完封、ドラフト候補・坂本裕哉投手に2戦連続勝利

関西大, 立命館大, 坂本裕哉, 高野脩汰

関西学生リーグでは、関西大の3年生左腕・高野脩汰投手が、立命館大のエースでプロ注目の左腕・坂本裕哉投手に2戦続けて勝利し、来年のドラフト候補に名乗りを挙げた。

12奪三振完封

高野脩汰投手は出雲商業出身の178cmの左腕投手で、最速147キロの速球を投げる。土曜日に行われた関西大vs立命館大の1回戦で、今年のドラフト候補で148キロ左腕の坂本裕哉投手と投げ合い、9回7安打10奪三振1失点で完投勝利を挙げると、この日の3回戦も坂本投手と投げ合い、9回4安打12奪三振で完封勝利を挙げた。

同じ左腕投手の坂本投手とは親交があり、「いい先輩です。体のケアしとけよと言ってもらったり」と話す。そのプロ注目の先輩に2戦して2勝し、来年のドラフト候補として大きく名乗りを挙げた。

一方、坂本投手は、春のリーグ戦で148キロを記録、5勝1敗で5完投2完封で防御率0.84という成績で、MVP、最優秀投手、ベストナインに輝く活躍を見せたが、今季は京都大戦で7回8奪三振1失点の好投を見せたものの、関西大戦で6回4安打1失点、5回8安打1失点で敗れ1勝2敗となった。

ドラフト会議に向けて巻き返しを図りたい。

2020年度-大学生のドラフト候補リスト
2019年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

今春王者を相手に投打にわたる活躍だ。高野が122球の熱投で立命大打線を封じ、バットでは二回2死一、三塁から先制の左前適時打。「(7日の)1戦目より調子が良かったので。真っすぐでもスライダーでもどちらでも攻めていけました。(先制打は)たまたまです」と充実した表情で振り返った。


PAGE TOP