中日、JR西日本の佐藤直樹選手に高評価「肩は抜群にいい」

JR西日本, 佐藤直樹

中日のスカウトはこの日、日本選手権中国地区予選のJR西日本vsシティライト岡山の試合を視察し、強肩外野手の佐藤直樹選手を高く評価した。

報徳学園時代から注目

JR西日本の佐藤直樹選手は報徳学園時代には捕手として強肩が注目されたが、社会人では主に外野手で出場し、遠投120mの強肩に50mを5秒台で走る俊足を見せる。

この日は初回にサードへの内野安打を打つなど、足を見せたが4打数1安打に終わった。しかしチームは9-4で勝利し日本選手権本戦に出場を決めた。

視察した中日・野本スカウトは「打撃の波はあるもの、それよりも肩と足を評価している。肩は抜群にいい」と話し、自身も強肩俊足の外野手としてドラフト1位指名されているが、佐藤選手についても高く評価した。

佐藤選手は、報徳学園で2つ後輩だった小園海斗選手とも食事に行く仲で、「だいぶ刺激になっています。自分も夢はそこに行きたいという気持ち」とプロへの気持ちを強くしている。

近年は社会人の選手も素材型の選手が好まれるが、高校卒3年目の強肩・俊足の外野手ということで、将来性を見ての評価となる。プロで課題の打撃を向上させ、外野の一角で駆け回る姿を見せられるかが注目される。

2019年度-社会人外野手のドラフト候補リスト

広島小園は高校の2つ下の後輩で今も一緒に食事に行く間柄。「だいぶ刺激になっています。自分も夢はそこに行きたいという気持ち」。視察した中日野本スカウトは「打撃の波はあるもの。それよりも肩と足を評価している。肩は抜群にいい」と改めて高評価した。


PAGE TOP