大学野球、秋季リーグ戦の注目選手その4、東都リーグの注目選手

山田知輝, 山本龍河, 上野翔太郎, 山本龍之介, 前田敬太, 小玉和樹, 横山楓, 鎌仲純平, 吉村貢司郎, 佐藤都志也, 木村将, 高部瑛斗

秋の大学野球は、いよいよ東都リーグが今日開幕する。注目選手をまとめます。

東洋大

佐藤都志也選手は大学代表でも主軸を打つ。代表では一塁を守ったが捕手としての能力も評価されており、また外野手としても、プロ入りしてもトップクラスの強肩と評価されるくらいの肩がある。今年に入りやや肩の調子が気になる所だが、打撃での安定感が素晴らしく、ドラフト上位で指名されそうだ。また春に5本塁打を放った山田知輝選手も注目。186cmの左のスラッガーでしっかりとした打撃ができる。

中央大

中央大は3年生の牧秀悟選手、五十幡亮汰選手、2年生の後藤茂基投手、皆川喬涼投手、古賀悠斗捕手、1年生の森下翔太選手など下級生が主力となっており、今年のドラフト候補としては注目される選手はいなさそうだ。

国学院大

鎌仲純平選手は主軸として下級生からチームを引っ張った。外野の頭を越える打球も多く、東都屈指のスラッガーと言える。投手では149キロ右腕の横山楓投手、148キロ右腕の吉村貢司郎投手は力があるものの、大学で試合を支配できる所にはまだ行っていない。秋にそういうピッチングを見せられれば、ドラフト会議での指名がありそう。また、小玉和樹投手は小柄だが151キロのすごい球を投げる投手で、1年時の活躍がすごかった。復活を期待したい。

亜細亜大

バッターでは神村学園のスラッガー・山本卓弥選手、投手では三田松聖で147キロを記録した松本侑也投手が注目されていたものの、大学において特に目立つまでの活躍は見せられていない。大学代表で投げた3年生の内間拓馬投手がどれだけ成長したかが注目される。

立正大

今年のドラフト候補として注目される選手はいない。3年生の渡部勝太投手は148キロの速球を投げる力のある投手。1年生の奈良間大己選手、門馬亮投手などの台頭が期待される。

駒澤大

上野翔太郎投手、小川良憲投手といった注目された世代が4年生となったが、共にまだ目立った成績を残せていない。上野投手は甲子園やU18での影響があり満足に投げられない状態だったが、そこからは脱した感じでこの秋の活躍が期待される。力のある3年生の若林楽人選手、2年生の鵜飼航丞選手、新田旬希選手や1年生の福山優希投手などが注目される。

2部以下

国士舘大の高部瑛斗選手は、打撃の巧みさと強さがあり、50m5秒台の足がある左の外野手で注目度が高い。智弁和歌山で50本塁打を打った青山学院大の山本龍河選手も注目される。また専修大は素晴らしい内野守備を見せていた池間誉人選手、中学・高校で代表するスラッガーだった平湯蒼藍選手や火ノ浦明正選手、146キロの速球をなげプロ注目だった前田敬太投手などがおり、この位置にいるのが非常に残念。

日大も150キロ前後の球を投げる山本龍之介投手の大学最後の活躍が期待される。他にも学習院大の木村将投手は187cmから147キロの速球を投げる。

2019年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP