東洋大2年・細野晴希投手が14奪三振完封、DeNA・東北楽天「2年後の1位」「今すぐほしい」

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

東洋大2年生の左腕・細野晴希投手が中央大を完封した。球速は150キロを記録、14三振を奪い、ランナーを出しても牽制で4人を刺した。

スポンサーリンク

次元が違う

細野晴希投手は東亜学園出身の左腕投手で、高校時代は球速は140キロだったが、U18代表合宿に佐々木朗希投手や奥川投手などとともに選ばれるなど注目されていた。

東洋大に進むと大きく足を挙げるダイナミックなフォームになり、球速も最速152キロまで伸びた。この日は首位を走る中央大との試合で先発をすると、横浜DeNAのスカウトのスピードガンで150キロを記録、インコースにエグい球を投げて次々と三振を奪い、4者連続を含む14三振を奪った。

またランナーを許しても牽制で芽を摘んだ。高校時代から牽制が巧みで、この日もランナーが走る気が無くても牽制で刺すなど4人のランナーを刺した。中央大も古賀悠斗選手がわずか1歩半しかリードをできなかったほどで、これについて東洋大の杉本監督は「古賀君のようなリードが正解です。足を上げてから、相手の動きを見て放れるらしい。僕らとは次元が違う、天性のうまさなので、ほかのチームはリードしない方がいいです」と警告した。

スカウト絶賛

この日も東都リーグには主に今年のドラフト候補の視察のために8球団のスカウトが視察に訪れていたが、この2年生左腕に絶賛の声が聞かれた。

横浜DeNAの吉見スカウトは「いいなんてものではなくすごい。ここというところで力の入った球を投げられる。フォームに柔らかさがあるし、クロスステップするので、右バッターの膝元への直球とスライダーに角度がある。真っすぐも強いし、けん制もうまい。今すぐにでもほしい」と大絶賛、楽天・鷹野スカウトは、「けん制もうまいし、順調にいけば、2年後の1位になれる可能性がある」とドラフト1位候補として注目すると評価した。

この日は9回を投げ3安打14奪三振完封、大学の公式戦で9回を投げたのは初めてだった。「大学に入って9回を投げたことがなかったので。今日は打者を見て抜くところは抜いて、力の出し入れができた」と話したものの155球を投げており、まだ負担の多い投球となっている。

これから4年までの間に投球も磨かれていく事になり、故障や疲労による何らかの影響がなければ2023年ドラフト会議ではドラフト1位指名が予想される。

2023年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

まだ2年生だが、早くもネット裏のスカウト陣は熱視線を送った。DeNA・吉見スカウトは「フォームに柔らかさがあるし、クロスステップするので、右バッターの膝元への直球とスライダーに角度がある。真っすぐも強いし、けん制もうまい。今すぐにでもほしい」と絶賛した。

DeNAの吉見スカウトは「いいなんてものではなくすごい。ここというところで力の入った球を投げられる」と2年後のドラフト候補を絶賛した。

8球団が視察し、楽天・鷹野スカウトは、「けん制もうまいし、順調にいけば、2年後の1位になれる可能性がある」と高く評価した。

9回裏には、中大・古賀悠斗捕手(4年=福岡大大濠)が四球で出塁したが、けん制を警戒し、わずか2歩分しかリードを取れなかった。古賀は「けん制でアウトになったら元も子もないので。打者を信じて」と説明。杉本監督は「古賀君のようなリードが正解です。(細野の)けん制は天性なのでしょう。他のチームの選手は、大きくリードしない方がいいです」とアドバイスした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント