関学大の151キロ左腕・黒原拓未投手が7奪三振完封、阪神7人態勢など10球団23人スカウト視察

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

関西学院大の151キロ左腕・黒原拓未投手が10球団のスカウトの前で完封勝利を挙げた。阪神は7人態勢で視察をし絶賛している。

スポンサーリンク

完封

立命館大戦で先発した黒原拓未投手は、この日は最速147キロを記録すると、得意のカットボールとチェンジアップが有効で、9回まで許したヒットは内野安打の2本のみ、7つの三振を奪い完封した。完封について「うれしい。変化球は何を投げてもゾーンで取れました」と話した。

この日は10球団23人のスカウトが視察し、阪神は和田TA以下7人が集まって視察をした。和田氏は「見た感じ湯舟そっくり。昨年よりよくなっている印象。暴れるイメージだったが140キロ半ばの真っすぐを制球よく投げるしボールも強い。変化球もストライクを取るのに苦労しない。コントロールもいい。両サイドに投げ分けられるしね」と話し、阪神でエースとして活躍した湯舟投手の名前を挙げ、「良い意味で印象が変わった」と絶賛した。

また中日の米村スカウトチーフは「左で145キロ以上。いいんじゃないですか。まだチェンジアップに改善の余地はあるが、昨年よりも成長している。良い投手。普通に指名されると思う」と評価した。

プロ入りに向け大きく前進という投球となった。ドラフト会議では2位までに指名があるのではないかと見られ、立命館大出身で2017年に横浜DeNAに1位指名され、翌年11勝を挙げて新人王となった東克樹投手の例もあり、1位指名の可能性も考えられる。

2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

阪神は最多7人態勢で視察。和田テクニカルアドバイザーは「見た感じ湯舟(敏郎)そっくり」と元虎の左腕エースの名前をあげ、「昨年よりよくなっている印象。暴れるイメージだったが、コントロールもいい。両サイドに投げ分けられるしね」と成長に目を細めた。中日・米村アマスカウトチーフも「左で145キロ以上。いいんじゃないですか。普通に(ドラフト)指名されると思う」と高評価だ。

チームに勝ち点1を積み上げる大きな1勝。内野安打2本、7奪三振、2四球で大学通算2度目の完封を達成した黒原に中日の米村明アマスカウトチーフは「まだチェンジアップに改善の余地はあるが、昨年よりも成長している。良い投手」と高評価する。

この日の最速は147キロ。最多阪神の7人を含む10球団23人のスカウトが視察する前で、立命大に三塁を踏ませなかった。「初回から先のことを考えずに、一人ひとり大事にいったのが、いい結果につながった」と、喜びをかみしめた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント